ユナイテッドルームズ株式会社|こだわり1 - 映画館

ユナイテッドルームズの受付に驚きを示さない人は、まずいないであろう。天井、壁、床の全てが黒で統一され、その暗闇を照らす明かりは、天井に備えつけられたスポットライトのみなのである。

訪れた人を、「どこかで見た事があるような……」という感覚に陥らせるこの空間は、誰もが一度は足を運んだ経験がある映画館をイメージして作られている。

エントランスのテーマは、ずばりハリウッドの映画館。エントランスをハリウッドの映画館のようにしたのは、ハリウッドの送り出していく映像の価値観に、伊藤社長が共感する部分が多いため。また、同じ映像を取り扱う会社として、ハリウッドの全世界に通用する高い映像技術に、自分達も早く追いつきたいという思いも含まれているとの事。

エントランスはただの受付で終わるのではなく、他の会社と差が出せる部分だと社長は考えた。そこで、このようなエントランスを作ったのだという。 このエントランスが人々に与えるインパクトは大きい。ユナイテッドルームズを訪問した人の記憶には、このエントランスの印象が鮮明に記憶に残る事に間違いないであろう。

普通のオフィスでは考えられない真っ黒のエントランスは、私の記憶にも鮮明に残る事となった。

かっこよくある事

伊藤社長
受付ですぐに目に入るロゴマーク
受付ですぐに目に入るロゴマーク

社長
ユナイテッドルームズのオフィスコンセプトは、一言で言えば"かっこよさ"に尽きます。

―それはどういう意味なのでしょうか。

社長
世の中が飽和状態になっているので、これからの時代、かっこいいか否かという単純な差が大きな差になってくるに違いないと思っているんです。
つまり、そういう部分を会社自身がもっと極めていく必要性があるんです。世の中に送り出すものひとつひとつがかっこよくなければ、全てのベースがない。ですので、オフィスひとつひとつの細部にも、そのコンセプトに沿うように気を配っています。

―会社の顔であるロゴマークも、同じようなコンセプトでできているのでしょうか。

社長
そうですね。ユナイテッドルームズの字体は、ヨーロッパのあるブランドと同じものでできています。ロゴは、いろいろなものがかけ合わさってできているんです。あまり言いたくないのですが、いろいろな物からヒントをもらっているんですよ。ちょっとズルイ感じがしちゃいますかね(笑)。

すでに上質なイメージを人々に持たれている様々な先駆者たちのブランドを発展させ、世界的なイメージをウチも打ち出していきたいと思っています。ですので、ロゴは、会社のイメージと合致するものをいろいろと集約させました。

  • 前のページ
  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
  • 06
 

File 04

  • ユナイテッドルームズ株式会社
  • 映画館
  • 撮影所の照明
  • 本物のレンガ
  • Break Time
  • 社長インタビュー
Photo by 柏木鈴代 / KGP

ユナイテッドルームズ株式会社

事業内容

不動産物件を映像化し、物件本来の価値を余すところなくお客様に伝える。

サイトURL

ユナイテッドルームズ株式会社
http://www.unitedrooms.com/

会社ロゴ

仲介手数料無料のオフィス移転。大阪オフィス検索
遂に仲介手数料無料化!福岡オフィス検索
遂に仲介手数料半額!名古屋オフィス検索
遂に仲介手数料半額!名古屋オフィス検索