株式会社エーシー

株式会社エーシー

田中社長

―社長の人生とプライベートにおけるポリシーをお聞かせください。

社長
「仕事は愛!人生は恋!」と言い切っています。弊社の仕事のやり方として、例えばある商品を作って一度見直す際に、「そこに愛はあるのか?」という事を考えてもらいます。すると、適当にやっていた場合には、その事実に気づくのです。

適当にやっているものというのは、適当な価値しかありません。自分にも相手にも結果的には何も残らないので意味がない。なので、金額と関係なく無上の愛を注がなければ、結果的には何もならないのです。

商品の出来と言うのはクリエイターのレベルによって当然違ってはきますが、そこまでやればきっと良いものになると思いますよ。愛を注いでいない仕事なんて私はしたくないですね。

あと、人生が恋だと言うのは、やはり恋をしていないと人生つまらないと思うのです。ドキドキしたりしないとつまらないので、いつも恋をしているような生き方をしようと思っています。

 
エントランス

―素敵ですね!では次に、会社の夢をお聞かせください。

社長
会社は今、社員全員が一丸となってきちんとした企業として成長するように仕組みを作っている段階です。

本来クリエイティブな会社というのは、仕事が上手く引き継げないために社長が死んでしまうと終わってしまうのが常です。なので、それをいかにみんなに移行して育てていくのかというのが今の課題であり、将来は脈々と時代に影響を及ぼすような会社になれれば良いですね。

社内の様子

―プライベートでの夢はございますか。

社長
私は舞台の脚本も書くので、今年の目標は1本脚本を書いて舞台をやる事です。儲かりはしないのですが、ひとつのライフワークとして取り組んでいます。以前は、「HAPPY END」というタイトルの舞台を書きました。舞台は六本木7丁目のスナック。そこに居合わせた人間が何故か半年しか生きられない病気にかかるところから物語りが始まり、最後の半年間をどのように生きるのかというのがテーマです。常に限りある人生とかいうのがテーマになっているのですが、限りあるからおもしろいし大切にするわけです。だから、私自身も今日死んでも悔いのないように一生懸命生きています。

会議室

また、長期的な夢としては、どこかの島に“ハムちゃんランド”を作る事です。

―“ハムちゃんランド”ですか(笑)!?

社長
私の名前の“公仁郎”を縦書きにすると、“公”の字がカタカナの“ハム”と読めるので、友人には“ハムちゃん”と呼ばれています。“田中ハムじろう”です(笑)。

宮古島辺りに3000坪くらいのビーチ付きの土地を買って、社員はもちろん昔関わった彼女でも友達でも誰でも運営に参加できるリゾート地にします。観光客を集めてそこの番人になれば、年金と合わせて食べていけますし、みんなが集まれば寂しくないですからね。

おもちゃ

そういう死ぬまで生きていけるような場所を持ちたいというのが夢です。

―素敵な夢ですね!では次に、お仕事においてやりがいを感じられたエピソードをお聞かせください。

社長
そうですね。色々あるのですが、一例をお話ししますね。

「知らない分だけ信じよう」というキャッチフレーズを入れたショッピングセンターのイメージポスターを作った事があります。

ある日、ひとりの神父さんが「そのポスターをくれないか」と言いに来たのです。何故欲しがるのかと尋ねたら、そのポスターを使ってミサで説教をしたと言うのです。

どういう事かというと、ある非行少年を抱えて悩んでいるお母さんにそのポスターを見せ、「どこまであなたは子供の事を知っているのですか」と問うたそうです。その母親は何も知らないのに、噂などに流されて「この子はどうしようもない」と決め付けてしまっているところがあったそうです。そこで神父はポスターのキャッチフレーズを使って、「見ている部分はわかっているからもういいのですが、あなたが見ていない知らない部分を含めて全部を信じられるようになれば、あなたは幸せになれます」と諭したそうなのです。

社内の様子

その時は、「少しは社会の役に立ったのかな」と思いましたね。

―素敵なエピソードですね!では、最後に大変恐縮ではございますが、私に一言今後の社会人生活へのアドバイスを頂戴できますでしょうか。

社長
「こういう事はしてはいけない」という事をした方が良いですよ。

「これはやってはいけない」と決めてしまうと、本来経験できたであろうすばらしい経験をできないまま一生を終えてしまうかもしれません。固定概念を持たずに行動する事によって、想像もしなかったような幸せを得られる可能性が広がります。なので、是非この事を頭の片隅に置いておいてください。

―わかりました。本日は、貴重なお話を誠にありがとうございました。

インタビュー中の風景

取材を終えて

取材を終えて

見た事もないような広いテラス付きのモダンなオフィスには、取材陣一同感激さえ覚えてしまいました!田中社長からその驚きのプライスを伺って、さらにびっくり!!!移転される際には是非、一言お声がけ頂けると助かります(笑)。

圧倒的な外観を真似するのは難しいとしても、レイアウトの作り方やオブジェやおもちゃの飾り方といった、ちょっとした工夫はお手本にできそうですよね。

社長おすすめの本

神様、もう少しだけ

神様、もう少しだけ

浅野妙子 (著)

 
青春の源流

青春の源流

森村誠一 (著)

 
  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
  • 06
  • 07
 

File 025

  • 株式会社エーシー
  • テラス
  • コテージ風オフィス
  • 手作りレイアウト
  • Break Time
  • 社長インタビュー
  • ちょっと気になるビル・こだわりの街
Photo by 柏木鈴代 / KGP

株式会社エーシー

事業内容

広告代理業務を含む総合企画制作を主軸に、イベント制作、プレミアム開発、デジタルコンテンツの制作など多くの事業展開を行っている。

サイトURL

株式会社エーシー
http://www.a-c.co.jp/

会社ロゴ

 
仲介手数料無料のオフィス移転。大阪オフィス検索
遂に仲介手数料無料化!福岡オフィス検索
遂に仲介手数料半額!名古屋オフィス検索
遂に仲介手数料半額!名古屋オフィス検索