株式会社アガットコンサルティング|こだわり3 - 扇風機

社員の方が働く片隅で、何故か扇風機が元気よくまわっている。夏場はエアコンの冷気を部屋中に循環させ涼しく、冬場は天井付近にたまりがちな暖かい空気を足元まで広げている。

この他にも何と、扇風機には人間の脳を活性化させ、集中力や記憶力を向上させる効果もあるというから驚きである。社内に停滞している空気を上手く循環させる事によって、脳に新しい空気を送り込む。扇風機の送り出す風は気分をリフレッシュさせ、社員にとって業務に集中しやすい環境を生み出すのだ。

「一日中社内にいる社員に少しでも快適に過ごしてもらうために、何か工夫できないかと考えました。節電にもなりますしね(笑)」と藤浦社長。

冷房よりも自然でやさしい風には、私も心癒されました。空気が循環しているだけで、社内の居心地がこんなにも違うものなのですね!

一体感

お仕事中の社員さん

―業務スペースは、広々としていて開放的な印象ですね。

社長
そうですね。業務上、膨大な資料を取り扱いますので、動きやすい社内を形作る事には気を配りました。一人分の机の大きさや前後左右の人との間隔は、他の企業さんと比べると広めにとってあると思います。ちなみに、社員の机に設置されている電話台は、机のスペースを最大限に有効活用するためのちょっとした工夫です。電話の置いてあるスペース1ミリとも無駄しないように、あえて電話台を設置しているのです。

また、開放的に感じられるのは、外に面する壁一面が窓になっているためだと思います。静かに黙々と作業を行う事が多いので、明るい場所にいないとすごく暗い会社なのではないかと勘違いされてしまうのではないかと思って(笑)。

―そんな事ありませんよ(笑)。社長のデスクは窓側に面していて、すごく日当たりが良さそうですね。

 
壁一面窓

社長
はい。自分の席はとても気に入っています。やはり、人間日光に当たっていると気持ち良いですよね。

私の席は社員のみんなとは少し離れてはいますが、同じスペースで仕事をしています。これは、社員とのコミュニケーションと現場の声を大切にしたいという面もあるのですが、社内に社長室を作らないのは別の観点からの理由もあります。

職業柄ベンチャー企業の経営者の方にお会いする機会が多いのですが、「社長室を作った頃から不協和音が出始めて、業績が悪くなった」という方が多いのです。

―そうなのですか!そのような事は、初めてお伺いしました。

コーポレートカラーのドア

社長
はい。不思議なのですが、成長して勢いのある会社には共通して社長室がなく、社長は社員がいる所と同じスペースで仕事を行っている場合が多いのです。やはり役職を問わず社員全員がひとつの空間にいる方が、組織全体の連帯感が高まり、結果業績にも繋がっていくのだと思っています。

何か聞かれたくない話しをする時や集中したい時などには、会議室を利用する事もありますが、普段は社内にある自分の席で仕事をしています。このスタンスは、今後もずっと守り続けていくつもりです。

  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
  • 06
  • 07
 

File 026

  • 株式会社アガットコンサルティング
  • 防音性
  • 鍵
  • 扇風機
  • Break Time
  • 社長インタビュー
  • ちょっと気になるビル・こだわりの街
Photo by 柏木鈴代 / KGP

株式会社アガットコンサルティング

事業内容

株式公開やM&A支援を中心に、会計・税務などのコンサルティング事業を手掛ける。

サイトURL

株式会社アガットコンサルティング
http://www.agateconsulting.jp/

会社ロゴ

 
仲介手数料無料のオフィス移転。大阪オフィス検索
遂に仲介手数料無料化!福岡オフィス検索
遂に仲介手数料半額!名古屋オフィス検索
遂に仲介手数料半額!名古屋オフィス検索