株式会社ネクスト

株式会社ネクスト

井上高志社長

社長
不動産業界をどうしたらもっと透明でフラットにできるかという事をいつも考えています。

不動産というのは、古くからの慣習が残る非常に閉鎖的な業界です。自分達の「利益を上げたい」という利己的な考えから、理不尽な事態がたくさん起こっています。例えば、物件の価格に関して言えば、そこには何の妥当性や裏づけもありません。言い値に近いようなところがあるので、すごく分かり難くて不透明ですし、納得感もありません。それを是正するためには、我々がひとつのメディアパワーを持ち、業界そのものを変えていくしかないのです。そこのダイナミズムを感じられるのが、この仕事のやりがいです。

それは別に誰か個人のためや我々の収益のためではなく、世の中一般の不動産を借りよう・買おうとしている人達のためにやっているだけの話なのです。

―なるほど。では、そんな井上社長の夢をお伺いしてもよろしいでしょうか。

社長
私はいつかは、現在の会社の社長を辞めると決めています。その間に、日本の不動産業界が本当に根底から変わったと言える状態にまで持っていくのが1つ目の夢です。今は、その目標に対する達成率は富士山で言えば2合目か3合目あたりの段階です。不動産情報ポータルサイトとして物件掲載数は日本一になりましたが、不動産業界が変わったという実感はまだまだ薄く、ここから変えていこうという段階なのです。その次のプランとしては、この会社から離れた後、今度は医療業界と教育そのものを変えたいという想いがあります。それが2つ目のライフワークです。

―医療と教育というジャンルなのは、どうしてなのでしょうか。

社長
これは不動産にも当てはまるのですが、それら全ての共通点は、必ず人が生きていく中で接点ができるという事です。また、どれもその人の人生に非常に大きなインパクトを与えるものです。

エントランス

例えば、不動産に関して言えば5000万円もする物件を買ったのに、耐震偽装で取り壊しになり誰も保障してくれないという事態になれば、金銭的にも精神的にも大きなインパクトがあります。

教育に関しても、間違った教育を受けた場合とすばらしい先生に出会った場合とでは、その後の人生が大きく変わってきます。

―なるほど。

社長
医療に関しては、国は年間30兆円も使っていて、将来的には50兆円になるとも言われています。ところが、その現場を覗いてみると本当に満足のいく状況とは到底思えません。

我々が目指しているのは安心と喜びを提供するという事です。必ず誰もが接点を持つところの不満や不便、不安、不条理、不合理という"不"の付くところを全部入れ替えていきたいという観点から世の中を見ています。

社内会議室

でも、もしかしたら私が辞めるまでにこのネクスト自体が医療業界や教育を変えるアプローチを行うかもしれません。だから、私のライフワークの2つ目もこの会社に取られる可能性もあります。だとしたら、次を考えれば良いだけの事です。

でも、その時も必ず同じような観点から考えます。そう考えると、やるべき事は死ぬほどあるのです。このような事が、夢というかライフワークですね。

―では、大変恐縮ではございますが、最後に私個人に対して一言アドバイスを頂戴できますでしょうか。

株式会社ネクスト

社長
私は、人生の目標設定能力というのはすごく重要な要素だと思っています。「どうなりたいのか」という事を明確に言えるようにしてください。明確に言えないでいるのは、まだ何かに揺れていたり、経験が少なかったりして「本当にこれでいいのかな」と決断できていない状態なのです。でも、その目標というのが明確になった時に、人ってすごいパワーを持つようになるのです。

私はよく、夢の事を比喩で「北極星を持ちなさい」と言っています。

―「北極星」ですか?

社長
はい。北極星って、キラキラと輝いていますよね。時間や季節、見る場所が変わったとしても、その一点から決して動きません。これはつまり、時代や周りの環境がどう変わろうともその一点からずれないという事を意味しています。周りにどう言われようとも自分の北極星はずれません。それくらいの目標設定ができれば、あとはその北極星に何年以内に辿り着こうと逆算すれば、今やるべき事が明確になります。あとは、やるだけです。

―なるほど。ちなみに、井上社長ご自身が北極星を見つけられたのは、いつ頃になるのでしょうか。

社長
私自身が北極星を見つけたのは22歳の時ですね。大学卒業後、不動産業界のリクルートコスモスという会社に入社したのですが、その時に「何て不動産業界って不透明で分かり難く、お客さんに対するサービスレベルも低いのだろう」と思ったのです。それがきっかけで、「絶対にこの業界を変えてやろう!」と誓いました。

就職活動をしている時点で「5年で独立する」という時期だけは決めていたので、会社に入って「これだ!」と直感したのです。それから今もなお、走り続けている状況ですね。

貴重なお話をどうもありがとうございました。私も自分の北極星を持ち続けていきます。

インタビュー中の風景

取材を終えて

取材を終えて

今回の取材では、写真撮影の制限等、様々な規制がありました。これも全てネク ストさんの情報保護姿勢を証明するもの。強固なセキュリティ体制には当初困惑 する部分もありましたが、会社の考えを知れば、その管理体制には納得するばか りでした。

すべてはみんなをハッピーにするためのセキュリティ。ここまで徹底していると、 本当に気持ちが良いですよね。

社長おすすめの本

ビジョナリーカンパニー ― 時代を超える生存の原則

ビジョナリーカンパニー ― 時代を超える生存の原則

ジェームズ・C. コリンズ(著)

 
ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則

ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則

ジェームズ・C. コリンズ(著)

 
 
  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
  • 06
  • 07
 

File 027

  • 株式会社ネクスト
  • ガラスのエントランス
  • ふたつの社長机
  • ベイエリアの絶景
  • Break Time
  • 社長インタビュー
  • ちょっと気になるビル・こだわりの街
Photo by 柏木鈴代 / KGP

株式会社ネクスト

事業内容

不動産物件情報サイト『HOME'S(ホームズ)』を運営

サイトURL

株式会社ネクスト
http://www.next-group.jp/
HOME'S
http://www.homes.co.jp/

会社ロゴ

 
仲介手数料無料のオフィス移転。大阪オフィス検索
遂に仲介手数料無料化!福岡オフィス検索
遂に仲介手数料半額!名古屋オフィス検索
遂に仲介手数料半額!名古屋オフィス検索