株式会社翔栄クリエイト|こだわり1 - 緑の吹き抜け

翔栄クリエイトのオフィスには、何と巨大な木がそびえ立っている。

高さが6メートル以上もあるというメゾネット型の天井に迫る勢いで伸びる高木は、オフィスの中核でその確固とした存在感を表している。クリスマスの時期にデパートのエントランスを彩るツリーにも負けないその見ごたえは、幻想的な世界を彷彿とさせる。

移転の際、とにかく天井高のあるオフィスにこだわったという宇佐神社長。広がりのあるオフィスを選べば、常識では考えられないようなインパクトのあるオフィスを作り出す事ができる。入口を入ってすぐの場所に高木を設置する事により、社員はもちろんの事、いらっしゃったお客様に驚きと楽しさとを提供しているのだ。

アイディアマンの社長には、次なる構想がある。例えば、天井にまで迫る本棚を壁際に設置し、お気に入りの本を並べる。他にも、壁面にロッククライミングができるよう岩を備え付けるなど、その遊び心たっぷりの構想は、止まる事を知らない。

この立派な高木には、社長の思惑通り(?)私達もビックリしてしまいました!でも、こんなにも高い木を、どうやって室内に取り入れたのかが、非常に気になるところです。

1/fゆらぎ

ブランコに乗る宇佐神社長

田中
社内の緑や木目の雰囲気は、とてもリラックスできる印象ですね。

社長
本来、人間は自然の中で生活してこそ活き活きできるんじゃないでしょうか。人工的に作り上げられたコンクリートで塗り固められた場所にいる事は、人間にとってイレギュラーな状況であり、非常にストレスになる環境なのです。なので、それを何とか和らげるために、できる限り自然の要素をオフィス内に取り入れるよう心がけました。

沖田
大きな木は、まさにその象徴なのですね。

社長
そうですね。木の真上にある天井には、当初ダクト式だった空調を扇風機に交換して設置しています。扇風機を備え付ける事により、室内には空気の流れできますし、木の葉が揺れて自然のイメージが出てくるのです。

社内の様子

「1/f(エフ分の1)ゆらぎ」という言葉がありますが、そういったものをオフィスに取り込んでいきたいと思っています。

田中
「1/f(エフ分の1)ゆらぎ」とは、何なのでしょうか。

社長
例えば、外を吹き抜ける風や小川のせせらぎ、風鈴の音など、世の中に存在する不定期に起こる現象のうちの一つを表す言葉で、これは生体に心地良さなどの快適な刺激を与えてくれます。現代社会に多々存在する、機械的に大量生産された製品や近代的なビルなどには、基本的に「1/fゆらぎ」が存在しません。オフィスというのは長時間過ごす場所ですので、できる限り落ち着いてリラックスできる環境を作り出せるよう「1/fゆらぎ」を取り入れる事にしたのです。

エントランス
エントランス

例えば、自然の風が気持ち良いと感じるのは、風量が一定ではなく、正面や横など、どこから吹いてくるか分からないからです。なので、今後扇風機に速度調節機能を取り付けて、一定の速さではないリズムで風を演出できればと考えています。

沖田
社会でのストレスが、オフィスで軽減されそうですね。

社長
そうですね。「1/fゆらぎ」をオフィスに取り込む事により、オフィスの環境はガラリと変わります。そこで働く人々の感性や気持ちを豊かにし、精神的にも肉体的にも非常に良い環境を作り上げてくれるのです。

社内の様子

田中
「1/fゆらぎ」の効果により、まるで自然の中にいるかのようなリラックスした気分になります。

  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
  • 06
  • 07
 

File 037

  • 株式会社翔栄クリエイト
  • 緑の吹き抜け
  • カラフルな壁
  • 東京タワー
  • Break Time
  • 社長インタビュー
  • ちょっと気になるビル・こだわりの街
Photo by 柏木鈴代 / KGP

株式会社翔栄クリエイト

事業内容

「デザイン」「コンフォート」「インテリジェンス」を3つの柱として、企業コンセプトに合った不動産、オフィスデザイン、施工までのトータルサポートを行なう。

サイトURL

株式会社翔栄クリエイト
http://www.syouei.net/

会社ロゴ

 
仲介手数料無料のオフィス移転。大阪オフィス検索
遂に仲介手数料無料化!福岡オフィス検索
遂に仲介手数料半額!名古屋オフィス検索
遂に仲介手数料半額!名古屋オフィス検索