バックナンバー > ビルコム株式会社 太田滋氏 > こだわり1・インタビュー1

ビルコム株式会社|こだわり1 - ビルカフェ

一際異彩を放つ漆黒のエントランス。その奥のメタリックな扉を開くと、眩しいほど真っ白な空間が目の前に広がり、訪れた人々を明るい光で包み込んでくれる。

エントランスから入ってすぐの空間が、社員のためのリラックススペース、『ビルカフェ』。ビルコムのコーポレートカラーである赤と白の色違いのソファーが向かい合い、その間にはローテーブルが設置されている。脇のマガジンラックには、たくさんの雑誌が並べられており、この空間は、まるで青山界隈にあるおしゃれなお店に迷い込んだかのような雰囲気となっている。

ビルコムは、企業のPRコンサルティングを行う会社。オフィスにいながらにして常に世の中のトレンドをキャッチできるよう、色々なジャンルの最新雑誌を取り揃えているのだという。企画提案などのクリエイティブな仕事も多いため、休憩の合間でも創造性を育成するような空間となっているのだ。

また、オフィスの壁面には、たくさんのテレビが設置されており、これも雑誌同様オンタイムで情報をキャッチするための一工夫なのだという。

この洗練されたデザインのオフィスは、普段お世話になっているマスコミの方々に撮影用スペースとして無料で貸し出しているそうです。とても素敵な心遣いですね。

内定者によるオフィス作り

エントランス
エントランス

社長
以前、オフィスの移転を全て内定者に任せた事があります。

田中
え!内定者の方にですか!?

社長
はい。前回のオフィス移転の話になるのですが、ひとつのプロジェクトを立ち上げ、オフィスコンセプト、仲介業者の選定、オフィス候補や施工会社を決めるところから始めてもらいました。

社内の家具の購入やレイアウトに関する部分まで、内定者の女性2名に新しいオフィスをゼロから創ってもらったのです。

沖田
それは、すごく思い切った試みですね!

社内の様子

社長
当時のビルコムは、まだ真っ白なキャンバスに私が色を付けたようなものでしたので、これから入社する人にも、是非一緒に会社を創ってほしいという想いがあったのです。

その活動を通じてビルコムという会社の姿勢や文化、方針などを理解してもらい、より一層「この会社で働きたい!」、「一メンバーとして共に会社を創っていきたい!」と思ってもらえるよう、権限委譲する事を決めました。

ですから、まずはビルコムという会社を知ってもらうため、色々な社員にインタビューしてもらい、企業理念でもある「感動の創造」とは何か、PRというコミュニケーション手段は何なのかを彼女達なりに考えて、オフィスコンセプトを決めるところから始めてもらいました。その後週1回、役員とのミーティングで助言をもらいながら、プレゼンテーションを何度も重ね、ひとつの箱を創り上げていったのです。

PRや創業した理由などを彼女達なりに咀嚼して創り上げていったので、オフィスを作るというよりも、会社を創るという感覚の方が強かったのではないでしょうか。

社長室
社長室

田中
ビルコムという会社のあり方や考え方がオフィス空間全体に反映されているのですね!

社長
そうですね。

このプロジェクトを通して、内定者の2人が会社の理解を深められたのはもちろんですが、人間としての成長があったと思います。約束を守る事の重要性やお金の価値観、会社としてオフィスという場所がどれほど大事なのかを身を持って理解してもらえました。また、社会人としてやっていく上での基本的なスキルも身についたようです。

現在のオフィスもその考え方を引き継いでいて、基本的なコンセプトやデザインの企画は内定者が行い、その後に社内のブランド担当や施工会社が加わって創り上げました。社員の想いがたくさん詰まったオフィスになっているのです。

  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
  • 06
  • 07
 

File 046

  • ビルコム株式会社
  • ビルカフェ
  • DJブース
  • 表参道
  • Break Time
  • 社長インタビュー
  • ちょっと気になるビル・こだわりの街
Photo by 柏木鈴代 / KGP

ビルコム株式会社

事業内容

統合型コミュニケーションカンパニーとして、広告、PR、販売促進などの手段を、効率的に組み合わせてお客様の目的を達成する。

サイトURL

ビルコム株式会社
http://www.bil.jp/
ビルコレ
http://bilcolle.com/

会社ロゴ

 
仲介手数料無料のオフィス移転。大阪オフィス検索
遂に仲介手数料無料化!福岡オフィス検索
遂に仲介手数料半額!名古屋オフィス検索
遂に仲介手数料半額!名古屋オフィス検索