株式会社エスプール総合研究所|こだわり1 - サーフボードの机

エスプール総合研究所(以下、SRI)の社内に入ると、ガラスに囲まれた会議室の中に社員の方々の姿が。よく見ると、彼らはサーフボードを取り囲んで話している!?実はSRIの会議室の机は、本物のサーフボードそのものなのだ。台座に2枚のサーフボードを設置して作ったテーブルの下には、アクアブルーのカーペット。その光景はまるで海の上に浮かぶサーフボードのよう!

「遊びと働く境目を無くしたいのです」と語る吉村社長。SRIが目指すのは、遊びを楽しみながらも仕事の結果は必ず出すかっこいいビジネスパーソンを生み出す事。例えば就業時間中でも社員が好きな時にサーフィンに出掛けられるほど、フレキシブルな仕事のスタンスをとる会社のあり方を象徴し、サーフボードを机にしたのだ。

当初、床には本物の海岸の砂を敷詰めようという案があったそうですが、オフィスが砂まみれになるので却下されてしまったのだとか(笑)。まさかオフィスでサーフボードを見るとは思わず、私達もビックリ!何だか海に遊びに行きたくなっちゃいますね。

ZIPANGU研修

研修室
研修室

田中
すごく広々とした研修室ですね!

社長
企業のお客様が弊社の人材研修を受ける場所なので、間取りを広くしました。スタジオで使うような本格的なスピーカーを設置して、地吹雪やなだれの音が四方八方から聞こえてくるようにしているんです。

沖田
こんな音響設備のある会社は、見た事がありません!一体、どのような内容の研修なのか気になります。

社長
弊社の研修には、演劇やゲームのような内容のプログラムが多くあります。一番ご好評をいただいているのは、『ZIPANGU』というリーダーシップ研修です。これは、米国で開発されたリーダーシップ体感ゲームで、「組織の成果を最大化するためには、何が必要か」というリーダーに必要な視点を養い、会社での現実課題を解決するための実践スキルを習得する研修です。社員の講師がヘルメットにニッカポッカという出立ちで「マルコポーロの金塊が見つかったぞー!金塊を掘りに行くぞ!」と現れ、お客様は皆でジープに乗り、金塊を採りに恐山へ向かう設定です。弊社の講師陣は、劇団四季の俳優の方を招いて、発声練習方法を講義してもらう事もあるんです。

社員さんの様子

田中
それは、面白そうです!

社長
お客様は6人1組のチームを組み、食料・燃料・物資を上手く計画して使いながら、金塊の量を競い合うのです。途中恐山が20日後に噴火すると分かると、「金塊なんていいから、生き残るために早く帰ろう!」というチームが出てきたりします。例えば、このようにチャレンジするよりも失敗して怒られる事を恐れて逃げてしまいがちな人間の特性や組織の縮図を見せていく体験型の研修なのです。

沖田
受講後には、どのような効果があるのでしょうか。

ヨガボール

社長
組織を眺めても複雑で、人間とはどういうものかよく分からないのですが、『ZIPANGU』という眼鏡を通して眺めるとよく分かります。体験型の学習方法なので、知識と行動のギャップを明確にする事ができ、研修後は、現状の組織課題や自己課題が明確になります。ゲームで金塊を増やす方法を得たように、組織の生産性を高めるための具体的な行動を取れるようになるのです。

田中
なるほど!是非一度私も受講してみたいです。

  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
  • 06
  • 07
 

File 066

  • 株式会社エスプール総合研究所
  • サーフボードの机
  • イタリアンラウンジ
  • 浜松町
  • Break Time
  • 社長インタビュー
  • ちょっと気になるビル・こだわりの街
Photo by 柏木鈴代 / KGP

株式会社エスプール総合研究所

事業内容

新人研修や営業研修を実施、人材育成コンサルティングし、企業の人材育成と組織開発を支援する

サイトURL

株式会社エスプール総合研究所
http://www.spool.co.jp/sri/

会社ロゴ

 
仲介手数料無料のオフィス移転。大阪オフィス検索
遂に仲介手数料無料化!福岡オフィス検索
遂に仲介手数料半額!名古屋オフィス検索
遂に仲介手数料半額!名古屋オフィス検索