株式会社ダイレクト・アクセス|こだわり2 - 社長席のヨット

執務スペースの一番奥にある社長の席。社内のコミュニケーションを大切にする小林社長は、皆と同じスペースに自分の席を設けている。

そのデスクを覘くと、ヨットの絵画やオブジェが目に入ってくる。ヨットのスケールの大きさと、大海原へ風を受けて飛び出していく爽快感が大好きだという小林社長。その魅力は、ダイナミックなビジネスを行っていきたいという社長自身の想いとリンクする。

不動産業界に革命を起こすような事業を進めるダイレクト・アクセス。どのように業界の大海原でヨットという事業を走らせるか、絵画やオブジェを眺めながら、その航路を決めているのだ。

実はここは以前、ネットエイジの西川氏が使っていた席。尊敬している方が以前使っていた席に座れば、ビジネスに対する情熱がより一層高まりそうですよね。

ダイレクトアクセスの特徴

社内の様子

社長
インターネットのコミュニケーション手法の特徴を生かして、もっとお客様本位のサービスができないかと考え、『ダイレクトアクセス』を作りました。これは、会員登録したユーザーが、同じく会員登録しているオーナーの掲載物件を自由に見る事ができ、気に入った物件のオーナーに直接メールを送る事はもとより、オーナーからもオファーを送れる、まさに双方向のコミュニケーションの場となっているのです。

田中
ユーザーとオーナーが直接やり取りできると、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。

椅子

社長
ユーザー側のメリットは、オーナー自らが発信しているので物件の情報は正確ですし、決して架空物件が混ざっていない事です。また、オーナーと直接連絡ができるので、様々な条件を話し合う事もできますし、不動産仲介業者を通すと、払わなければならない賃料の1ヶ月の仲介手数料の発生はありません。

沖田
それは、魅力的ですね!

社長
ユーザーだけでなくオーナー側にもメリットがあるんですよ。物件を掲載するのはいくつでも無料ですし、オファーメールを何通出しても無料です。成約した時にだけ利用料を払っていただく仕組みなので、不動産業者へ1ヶ月分以上の広告料を支払っていた場合に比べると、大幅に軽減できます。また、ユーザーと直接コミュニケーションを取る事によって、入居者の人となりが分かるので安心です。お互いに顔見知りになる事によって、入居者の方は部屋をきれいに使おうと意識するでしょうし、家賃の滞納が減ったりなど見えないメリットがたくさんあるんですよ。

大会議室

田中
ユーザーにとっても、オーナーにとっても嬉しいサービスですね。

社長
そうですね。また、ユーザーやオーナーが契約や物件の重要事項説明など、手続き上で不安があったり面倒な場合には、サイトで紹介する不動産会社、行政書士、内装業者、引越し会社などのプロへ業務を任せる事もできます。

田中
素人にとっては大変心強いですね!

社内のお花

社長
インターネットで個人が手軽に情報収集できる時代になりましたので、ユーザーが能動的に働きかける事があってもいいと思います。今までのように不動産業者に全ての舵取りをしてもらうのではなく、当事者同士が最適な取引方法を選択できるのが、ダイレクトアクセスなのです。

このように古くからの形態に囚われず、自由に取引形態を選び透明で満足感の高い不動産取引の文化を日本にも定着させていきたいと考えているのです。

  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
  • 06
  • 07
 

File 074

  • 株式会社ダイレクト・アクセス
  • 思い入れの家具
  • 社長席のヨット
  • 神泉
  • Break Time
  • 社長インタビュー
  • ちょっと気になるビル・こだわりの街
Photo by 柏木鈴代 / KGP

株式会社ダイレクト・アクセス

事業内容

不動産直接取引サイト『ダイレクトアクセス』の企画・運営・管理を行い、これまでの不動産賃貸の取引形態とは異なる貸主と借主の直接取引を応援する

サイトURL

株式会社ダイレクト・アクセス
http://direct-access.jp/
ダイレクトアクセス
http://www.directa.jp/

会社ロゴ

 
仲介手数料無料のオフィス移転。大阪オフィス検索
遂に仲介手数料無料化!福岡オフィス検索
遂に仲介手数料半額!名古屋オフィス検索
遂に仲介手数料半額!名古屋オフィス検索