株式会社デジタルフォレスト|こだわり2 - 会議室の社長室!?

広い部屋に、10人以上は座れるだろう大きな長机が置かれている。その長机の一番端っこで、椅子に腰掛けて執務をする猪塚社長。デスクサイドにパソコンを設置し、背後に本棚を設置しただけのシンプルな空間。実は、ここが猪塚社長の席!何と、普通の会議室を社長室にしてしまったというのだ!

「社長が偉そうにしていると社員が意見を言えなくなってしまうので、偉そうな社長室はいらないんです」と語る猪塚社長は、以前から社長室は作らないというポリシーを持ってきた。しかし、社内の情報管理を徹底させるため、泣く泣くこの部屋を社長室にしたのだとか。偉そうな部屋にはしたくないという想いから、会議室の片隅に座る事を決めたのだ。

居心地を尋ねてみると、「社員の顔が見えなくて寂しいです」と猪塚社長。社員の皆さん、どんどん社長室を訪れてくださいね!?

“ROI Day”

第1オフィスのエントランス
第1オフィスのエントランス

社長
弊社では、"ROI Day"というWebマーケティングのカンファレンスを主催しています。

田中
"ROI Day"とは、何なのでしょうか。

社長
毎年海外からマーケティングの第一人者をゲストとしてお呼びして、基調講演をしていただきます。その後は国内の著名人の対談や、参加者が専門分野別に分かれてのワークショップを行います。今年の夏は、東京国際フォーラムで行い、1,000名を超える方に来場していただきました。

第1オフィスの執務スペース
第1オフィスの執務スペース

田中
とても大きなイベントなのですね!

社長
そうですね。今年で3回目になりますが、回を重ねるごとに弊社のスタッフの運営能力が向上し、内容が良くなっている事を感じています。

例えば、今回は初めて"学生Webコンサルティング選手権"という、スポンサー企業のWebサイトの改善をテーマに、5つの学生チームが3週間の研究の成果をプレゼンし、30万円の最優秀賞を競い合う企画を行いました。

田中
学生さんまで参加されたんですか!

社内のグリーン

社長
はい。この大会を通して、参加学生はWebコンサルティングの知識を得られ、現場のコンサルタントに刺激を受けられます。一方スポンサー企業は、自社サイトの実際の利用者から意見が聞けますし、少額でWebコンサルティングを受ける事ができるのです。日本のWebコンサルを活性化させるためにも、未来の優秀なマーケターやコンサルタントを育成できればと思い、このような企画を開催したのです。

田中
なるほど。そもそも、どうして"ROI Day"を行おうと思ったのでしょうか。

ガラス越しに見る執務スペース

社長
企業はWebサイトを作ったとしても、なかなか目に見える形での売り上げに繋がらず、頭を抱えています。多くのビジネスマンがWebマーケティングを成功させるためのノウハウを求めていると思ったので、"ROI Day"を行おうと思ったのです。

このカンファレンスで海外の最先端のWebマーケティングの考えに触れたり、ディスカッションしたりする事で、日本のビジネスマンにWebマーケティングへの意識と知識を高めていただければと思っているのです。

  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
  • 06
  • 07
 

File 078

  • 株式会社デジタルフォレスト
  • フォレスト!
  • 会議室の社長室!?
  • グローバルカンパニー
  • Break Time
  • 社長インタビュー
  • ちょっと気になるビル・こだわりの街
Photo by 柏木鈴代 / KGP

株式会社デジタルフォレスト

事業内容

マーケティングROI向上のためのコンサルティング、システムの開発・販売、教育などソリューションの提供を通して、ビジネスにおける生産性の効率化を図る

サイトURL

株式会社デジタルフォレスト
http://www.digitalforest.co.jp/
Visionalist
http://www.visionalist.com/

社長ブログ

猪塚武の社長ブログ!
http://www.digitalforest.jp/ceo/

会社ロゴ

 
仲介手数料無料のオフィス移転。大阪オフィス検索
遂に仲介手数料無料化!福岡オフィス検索
遂に仲介手数料半額!名古屋オフィス検索
遂に仲介手数料半額!名古屋オフィス検索