バックナンバー > 日本テクノ株式会社 馬本英一氏 > こだわり1・インタビュー1

日本テクノ株式会社|こだわり1 - ソーラーパワービル

日本テクノ創業の地、神奈川県相模原に建つ一棟の自社ビル。ビルの側面の一部が、変わったデザインの紺色の外壁で覆われている。よく見てみると、それは無数のソーラーパネルが敷き詰められた、太陽光電池!これが日本テクノのシンボル、ソーラーパワービルなのだ。

電力削減コンサルティングや高圧電気設備の保安管理事業を展開する日本テクノ。「多くの企業の省エネを推進する立場として、皆さんのお手本になるような事をしたい!」と、思い切って建てたのが、このソーラーパワービルだ。最大で自社の電気消費量の約3分の1をまかなう事ができるというから驚きである。

何と176枚ものソーラーパネルが埋め込まれているというソーラーパワービル。その外観と圧倒的な存在感で、国道16号を行き交う人々に節電やエコを訴えかけているのです!

電気コストの見える化

社員さんの様子

社長
オフィスビルのワンフロアに入居するテナント企業の電気料金は、どのように算出されているかご存知ですか。

田中
一般家庭と同じように使用量に応じて算出されているのではありませんか。

社長
実は少し違うんです。

一般家庭では世帯ごとに電気料金の契約を結んでいるので個別のメーターが設置されていますが、オフィスビルではビルオーナーとの契約になるので、電気基本料金も使用料金も、単価や計算方法をオーナーが決めているケースも多いのです。ほとんどのオーナーが基本料金を使用面積から按分して算出したり、使用料金に共用部分やその他の電気使用量、例えば自動販売機部分の電気料金を上乗せしたりしています。中にはテナント企業が複数入っていたとしても、ビル全体の電気使用量を一個のメーターで一元管理している事があるのです。ビル全体の電気料金はビルオーナーが一括して電力会社に支払うため、それ故に、各テナント企業の電気料金は、使用量に応じてではなく、フロアの利用面積に応じて割り出し、定額料金で請求されている事があるのです。

例えば、6階建てのビルで6社が同じ面積だけ利用しているとすれば、ビル全体の電気代を6で割った金額を請求するというイメージになります。

会議室
会議室

田中
そうだったんですか!そんな算出方法が取られているなんて、初めて知りました!

社長
しかし、これではテナントが冷暖房を止めたり、電気をこまめに切ったりして節電の努力をしても、請求される電気料金は安くなりません。せっかくの努力が報われないこの現状が、企業の節電や省エネ活動を阻害する原因になっているのです。

田中
今までの努力が料金に反映されていなかったのかと思うと、ショックです……。

社内の植物

社長
そこで、ビルオーナーからビル一棟の電力を購入して、各テナントさんと個々に電気料金の契約を結び、弊社がビル全体の電気管理を代行するサービスを考えました。個別に契約する事で、各テナントの電気コストを“見える化”させようと思ったのです。

田中
“見える化”ですか?

社長
各テナントに設置していただいているのが、電気メーターに代わる『ECO-TENANT』という専用機器です。これまで不透明だった契約電力値や電力使用量を表示する事はもちろん、冷暖房の温度、CO2削減量、森林換算量などの目標値を設定でき、オリジナルキャラクター“エコっち”が電力の使い過ぎなどを表情で知らせてくれるシステムを開発しました。これで、テナントは毎日どれだけ電気を使ったかを一目で“見る”事ができ、それが月々の請求額になるのです。

執務中の馬本社長
執務中の馬本社長

田中
エコっちが知らせてくれるなんて、分かりやすいですね!

社長
はい。これで省エネ活動が楽しくできればと思っています。また、これまでビルオーナー側は、ビルに出向いて全てのメーターを検針したり、テナントへの集金や請求額の説明などの管理をしたりと手を煩わせていたので、弊社がそれを代行する事によって双方にメリットがあると思っています。

田中
なるほど!ビル全体の電気管理が改善されるのですね!

社内の様子

社長
京都議定書によって、現在、日本全体でCO2排出量マイナス6%を目指していますが、従来のオフィスビルの電気料金の仕組み自体が、省エネ活動に取り組みづらい状態を作ってしまっていたと思います。

『ECO-TENANT』事業で、不透明だった電気料金を明朗会計にして、各テナントの省エネ活動への意識を高められれば、ビル全体の電力消費量が減り、日本全体でのCO2排出量削減活動にも貢献できると思います。最終的には日本全体の省エネ活動の推進を目指しているのです。

  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
  • 06
  • 07
 

File 081

  • 日本テクノ株式会社
  • ソーラーパワービル
  • エコっち
  • エコオフィス
  • Break Time
  • 社長インタビュー
  • ちょっと気になるビル・こだわりの街
Photo by 柏木鈴代 / KGP

日本テクノ株式会社

事業内容

電気設備保安管理・点検業務の他、キュービクル監視システム販売を中心に、電気料金の削減を通して、地球環境保全に貢献する。

サイトURL

日本テクノ株式会社
http://www.n-techno.co.jp/

会社ロゴ

 
仲介手数料無料のオフィス移転。大阪オフィス検索
遂に仲介手数料無料化!福岡オフィス検索
遂に仲介手数料半額!名古屋オフィス検索
遂に仲介手数料半額!名古屋オフィス検索