バックナンバー > 株式会社カヤック 柳澤大輔氏 > こだわり2・インタビュー2

株式会社カヤック|こだわり2 - 縁側がデスク!?

1階から3階の3フロアのうち、2階がワークスペース。フロア中央に広がる台。その上には畳が敷き詰められ、ちゃぶ台を囲んで打ち合わせをする社員さんの姿が見られる。畳を取り囲んで働く社員さんのデスクは、まるで縁側のような奇抜なデザイン!

皆で一つの大きな台を囲み、声を掛け合って畳で打ち合わせをするというワークスタイル。これは、人との係わりによって人は育ち、アイディアが生まれるという柳澤社長の考えから。ワンフロアに社員皆を集め、一つのデスクで働く事にこだわったのだ。

コンセプトは、窓の外の鎌倉の街に溶け込むような、“和”。畳の中央には、掘りごたつ式の会議室があり、戦略室が埋め込まれている。これまでに無い新しい空間の使い方に思わず、畳に上がったり、床に下がってデスクに座ってみたり、うろうろしてしまいました。

ITとリアルのコラボ

漆風の机

芳賀
もともとIT専門の企業だったカヤックが飲食店を構えるのは、全く新しい挑戦ですよね。

社長
そうですね。一番大変だったのは、人ですね。カフェ・カンパニー様のノウハウがあるとはいえ、現場のスタッフは何も決まっていない状態から、カフェをつくっていかなければならず、皆には不安があったと思います。

さらに、カフェの店長は、カヤックの社員なので、飲食業の経験はほとんどありません。全くの一からのスタートだったのです。

田中
え、そうなんですか!?

社長
そうです。彼はもともとカヤックのクリエイティブディレクターでした。カヤックの中で店長をやりたい人を社内で募ったところ、彼が名乗り出たのです。そこで、カフェ・カンパニー様で4ヶ月間しっかり飲食店経営のトレーニングをうけ、今は店長をしています。

戦略室外観

芳賀
すごいですね!IT出身の店長ならではの飲食店が生まれそうですね!

社長
そうですね。店長はとにかく人を大切にしていて、スタッフの年齢や経験にかかわらず皆が意見を言える環境を作ろうとしていますね。また、食材にこだわりを持っていて、スタッフ総出で八百屋や魚屋、養鶏場、畑に出かけては、生産者の人に食材の説明を聞きまわっていました。また、仕入れ業者さんと月に一度、試食・相談会を行い、その素材をどう料理すれば、一番おいしく生きてくるのか話し合っていこうと考えていましたよ。

社員さんの打ち合わせ風景

田中
グループ会社である株式会社クーピー様の『ART-Meter』と同様、オフィスの1階にリアルなショップを構えられたのですね!どうして「1階にはリアルショップ」という展開をされているのでしょうか。

社長
リアルとITの世界は、別々の市場です。体を動かして仕事をしている人と、パソコンの前でWEBの世界で仕事をしている人と運営者の働き方も違えば、サービスを利用する人のタイプも全く異なります。もしカフェの店舗とITの現場を物理的に離してしまえば、それぞれがバラバラになっていき、どちらも中途半端になってしまいます。リアルショップとITの社員が共に同じビル空間で刺激し合い、お互いの良さがコラボレーションした時に、他に無い価値観や良さが生まれると思うのです。

  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
  • 06
  • 07
 

File 085

  • 株式会社カヤック
  • どんぶりタワー
  • 縁側がデスク!?
  • 紫マット会議室
  • Break Time
  • 社長インタビュー
  • ちょっと気になるビル・こだわりの街
Photo by 柏木鈴代 / KGP

株式会社カヤック

事業内容

新感覚の各種インターネットサービスの提供を主軸として、絵画の測り売りショップART-Meterからカフェまで、面白法人的業務を行う

サイトURL

株式会社カヤック
http://www.kayac.com/
DONBURI CAEF DINING bowls
http://bowls-cafe.jp/
面白法人的ラボBM11(ぶっこみイレブン)
http://bm11.kayac.com/

社長ブログ

面白法人カヤックのいきかた
http://pc.nikkeibp.co.jp/pc/
column/kayac/

会社ロゴ

 
仲介手数料無料のオフィス移転。大阪オフィス検索
遂に仲介手数料無料化!福岡オフィス検索
遂に仲介手数料半額!名古屋オフィス検索
遂に仲介手数料半額!名古屋オフィス検索