ドリームエリア株式会社|こだわり1 - 透明な会議室

ドリームエリアのオフィス入り口すぐ、左右対称に配置された2つの空間が並ぶ。扇形の透明なパーティションでサイド一面が覆われ、空間の中が全て見通せるようになっている。この場所が、ドリームエリアの会議室だ。

「社員には常に緊張感を持っていて欲しい」という考えから、従来の壁ではなく透明なガラスを用いた。外の世界で様々な人と出会い触れ合ってこそ、人は成長する。オフィスの中であっても一歩執務スペースから出れば、外の世界。常に会社の顔として見られているという緊張感を持ちながら、お客様と接することができるようにした。

透明であれば会議中の社員の表情が見えるので、煮詰まっている時には「どうした?」と声をかけて、助け舟を出し合う事もあるそうです。透明なパーティションの効果は、かっこいいデザインだけではなかったのですね。

“まちcomi”

社員さんの働く様子

社長
「子供が安心して暮らせる街づくり」をコンセプトに“まちcomi”という携帯を使った無料不審者情報配信サービスを提供しています。各学校に子どもを通わせる保護者の携帯へ、学校側から不審者情報などをメールで一斉に配信できるというサービスです。現在、全国の小・中学校およそ500校が導入しています。

芳賀
そのような機能があれば、安心ですね。どのようなきっかけで、この事業を始められようとお考えになったのでしょうか。

左側の会議室の白いイス

社長
弊社はこれまで携帯サイトで飲食店舗向けの販売促進ツールを提供していました。3〜4年前、ある小学校の方が口コミで流れる不審者の情報に悩まされており相談を受けました。そこで地域の子ども達を守るためにも、既存の販促ツールを応用させられないかと考えたのがきっかけです。

田中
事業を展開するにあたって、何か苦労された事はございますか。

社長
やはり信頼を獲得する事が一番大変でした。サービスの立ち上げの頃、かなりの数のダイレクトメールを送付しましたが、何の看板も無いベンチャー企業からのダイレクトメールを見てくれる学校はありませんでした。事業内容を説明しても、保護者の方は、民間企業に個人情報を預ける事に抵抗を感じていました。しかし、今では口コミなどで評判が広がり、月20〜30もの学校に新しく加入していただいております。

芳賀
どのように信頼を獲得していったのでしょうか。

社員さんが打ち合わせをする様子

社長
行ける範囲の学校へは、一校ずつ地道に説明会して回りました。ただ、保護者様や小学校から良いお返事をいただいても、市の条例で民間業者に個人情報を預ける事を禁止している地域もあったのです。そういった地域へは、行政機関に弊社のサービスの説明を行いました。すると、街の安全に関わる事業を行う民間企業へは、特別に個人情報を預けられるように条例が変わったのです。

田中
すごい!市の条例まで、変えられたのですね!

社長
行政から評価をいただくと、とてもやりがいを感じますね。他にも例えば、愛媛県今治市や神奈川県秦野市では、市が積極的に取り組み、全校に導入していただけるようになりました。今は全国の会員数が11万人になりました。また教育機関だけでなく、地域のスポーツクラブや警察なども導入していただいています。

扇形のガラスで仕切られた透明な会議室

田中
様々な壁を乗り越えられてこられたのですね!今後はどのように展開されるのでしょうか。

社長
現在は無料で提供しているので、収益化が目標です。小学校が予算を下すまで1年くらいかかってしまいます。ですので、子どもの安全を守る情報のインフラ整備を優先させ、収益は後から考える事にしました。

芳賀
収益は、後からですか!?収益化を含め、今後どのように展開させていくのでしょうか。

社長
最終的には、一つの地域コミュニティを形成する、経済のネットワークを作っていきたいと考えています。一つ例を挙げるとすれば、保護者の方に企業のリサーチアンケートに協力してもらい、得たポイントの収益を学校へ還元するような仕組みを作るという構想があります。

現在、学校でA4用紙やゴールネットなどの備品の購入の予算は、年間に割り当てられている金額の中でやりくりしていますが、保護者の皆さんが“まちcomi”で貯めたポイントを学校の備品購入に充てるのはどうだろうかと考えています。そういった、保護者、学校、地域企業にとって有益な情報が行き交うような地域のコミュニケーションを活性化する仕組みを実現させたいのです。

  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
  • 06
  • 07
 

File 087

  • ドリームエリア株式会社
  • 透明な会議室
  • ハートフルな輪
  • IT系社長室
  • Break Time
  • 社長インタビュー
  • ちょっと気になるビル・こだわりの街
Photo by 柏木鈴代 / KGP

ドリームエリア株式会社

事業内容

モバイルASPのサービスを始め、様々な「トータルコンサルティング」事業を生み出し、IT技術のノウハウや資産を地域社会に提供する。

サイトURL

ドリームエリア株式会社
http://www.dreamarea.com/
まちcomi
http://machicomi.jp/
la Collezione
-Ristorante★Tokyo-
http://lacolle.jp/

会社ロゴ

 
仲介手数料無料のオフィス移転。大阪オフィス検索
遂に仲介手数料無料化!福岡オフィス検索
遂に仲介手数料半額!名古屋オフィス検索
遂に仲介手数料半額!名古屋オフィス検索