株式会社クリーク・アンド・リバー社|こだわり1 - カラフルミーティングルーム

全部で12部屋ある会議室の扉には、縦に細長いガラスが埋め込まれ、中が覗けるようになっている。ガラスの上には部屋ごとに違う、ポップな色の小さなキューブが取り付けられ、とてもカラフルでかわいらしい。緑色のキューブの部屋は“Apple Green”、紫色の部屋は“Victoria Violet”と、カラーの名前が会議室の名前になっているのだ。

会議室には、クリエイティブな業界では国際的に標準になっている色見本「カッティングカラーシステム」のカラーの名前を付けた。映像・広告などあらゆる領域のクリエイティブで使われ、クリエイターの間では共通言語であるカラーのネーミングで、初めて訪れたクリエイターにも親しみを感じてもらえるようにしたのだ。

セミナーやパーティなど、最大200名を収容するホールは、クリエイターの個性の交じり合いを表し、全ての色を混ぜた“レインボーホール”というのだとか。私も「ここの色は、“Victoria Violet”で」とかっこ良くカラー名を言ってみたいなと思ったのでした(笑)。

“クリエイターの労働環境を刷新!”

社員さんの働く様子

田中
執務室にはテレビモニターなどが設置されていて、クリエイティブ分野で事業展開する会社ならではのオフィスですね!

社長
弊社は、テレビ局や広告制作会社などクライアントからの「このプロジェクトに最適なクリエイターを探して欲しい」というニーズと、コンテンツ制作そのものを受注するプロデュース事業を行っています。

テレビ局の制作現場をマネジメントするスタッフや営業マンは、クリエイターとテレビ局との架け橋です。当社クリエイターが携わった番組をチェックし、緊急のニュースや世の中のトピックを敏感にいち早くキャッチできるよう、執務室にはテレビモニターを設置しています。

芳賀
なるほど!ところで、どうしてクリエイターの支援をするエージェンシー事業を行おうと考えられたのでしょうか。

執務室内のミィーティングスペース

社長
私自身、もともとドキュメンタリー番組を手掛けるフリーランスのディレクターとして働いていたからです。

クリエイターは自信が付くとフリーランスとして活躍したくなるものです。ただ組織を離れて一人前になって能力の高い方でも、営業が不得手な方は、なかなか仕事が入りません。仕事が取れたとしても、テレビ局などの企業とフリーのクリエイターが直接雇用契約を結びます。組織対一個人の契約なので、交渉力の弱いクリエイターの労働条件の方が、なかなか良くならないのが現状でした。

田中
とてもシビアな環境だったのですね。

白を基調とした会議室内

社長
そうです。そこでフリーランスとして活動していた私は、そのようなクリエイターの状況を見て、営業や交渉、契約等煩雑な業務を行うエージェンシー事業を行う会社が必要だと思いました。クリエイター業界全体の仕組みを変え、労働環境を整え、世の中のクリエイターの価値を上げていかなければならないと思ったのです。

最初は、7人のクリエイターの登録からクリーク・アンド・リバー社をスタートさせました。

芳賀
井川社長自らの経験が、今の会社を生んだのですね!

社長
人の感動を生み出すようなクリエイティブな仕事は、心が豊かではないとできません。良い労働環境を提供し、本当にクリエイティブ能力の高い人がそれなりの対価を得られるような当たり前の世界を作りたかったのです。

  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
  • 06
  • 07
 

File 088

  • 株式会社クリーク・アンド・リバー社
  • カラフルミーティングルーム
  • 情報の宝庫!執務室
  • わくわくエントランス
  • Break Time
  • 社長インタビュー
  • ちょっと気になるビル・こだわりの街
Photo by 柏木鈴代 / KGP

株式会社クリーク・アンド・リバー社

事業内容

クリエーターエージェンシーとして才能豊かなクリエイターを発掘し、育て、支援し、活躍できる環境を構築し、その才能を組み合わせることにより新たな価値を生み出す。

サイトURL

株式会社クリーク・アンド・リバー社
http://www.cri.co.jp/
CREATIVE VILLAGE
http://www.creativevillage.
ne.jp/
株式会社メディカル・プリンシプル社
http://www.medical-principle.
co.jp/

会社ロゴ

 
仲介手数料無料のオフィス移転。大阪オフィス検索
遂に仲介手数料無料化!福岡オフィス検索
遂に仲介手数料半額!名古屋オフィス検索
遂に仲介手数料半額!名古屋オフィス検索