株式会社ECホールディングス|こだわり1 - 社員想いの社長席

オフィスには、社長室が見当たらない。オフィスの片隅にある長机、椅子代わりに使っているバランスボールで構成されている社長の執務スペースは、何と社員の誰よりも狭いというから驚きである。

常に新しいビジネスを創造していくことをコンセプトに掲げているECホールディングスにとって、社員同士のコミュニケーションは必要不可欠。

「自分のスペースよりも皆にスペースを自由に使ってもらうことにより、コミュニケーションを活性化させて新しい価値を創造してほしい」という井関社長の想いが、オフィス空間に反映されているのだ。

何と900円という、格安!?バランスボール椅子を愛用しているのは、井関社長だけではありません。社員の皆さんにも愛用者がたくさんいて、社内のバランスボール利用率は、「オフィスWatch」史上ナンバーワンでした。

「大満足」を生み出す秘訣

社員さんが働く様子

芳賀
社内にいるみなさんはとても和気あいあいと働いていますね!

社長
楽しく働くことが弊社のテーマなんです。普段でもしゃべりながら、みんな楽しく仕事をしています。社内の居心地がとてもいいので、設立して2年以上が経ちますが、辞めた人が1人しかいないんですよ。社員同士のコミュニケーションや意思疎通を大切にしているので、執務スペースには部署間を遮るパーティションを設置していないのです。

沖田
社員のみなさんの働いている様子が、どこにいても見渡せますね。

社員さんが働く様子

社長
そうですね。オフィス空間以外にも居心地のいい環境作りのために、実施している制度があります。1つは、「ランダムランチ」という企画です。社員の中からランダムに5〜6人選んで、会社の経費でランチに行ってもらうんです。そこで、普段あまりしゃべらない社員同士のコミュニケーションを図っています。

そしてもう1つは、私が行う個人面談です。社員個々人の目指す目標や方向性が、会社の目指すものと同じかどうかを確認をして、間違っていたら軌道修正をします。社員の希望を出来るだけ聞いてあげたいと思っているので、業務上の話だけに限らず、プライベートの話なんかもするんですよ。

芳賀
社長と社員さんとの距離がとても近いんですね。でもどうしてそこまで居心地のいい環境作りにこだわるのでしょうか。

会議室

社長
サービスをアウトプットする企業として、そのクオリティをより高いものにするためには、社員間の意思疎通がスムーズであることが必須なのです。意見や情報を交換しやすい環境で仕事することで、クオリティの高いサービスを生み出すことができ、結果お客様に「大満足」を感じてもらえるようになります。

弊社はまだ人があまり多くないベンチャー企業なので、一人ひとりの及ぼす影響力が非常に大きいのです。ですから、社員一人ひとりがコミュニケーションの重要性を常に意識して働いていくことがとても大切なのです。

沖田
なるほど!一人ひとりのマインドを統一することによって、オリジナリティ溢れる高品質のビジネスを生み出していけるのですね!

  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
  • 06
  • 07
 

File 092

  • 株式会社ECホールディングス
  • 社員想いの社長席
  • ECアイテム
  • 神泉
  • Break Time
  • 社長インタビュー
  • ちょっと気になるビル・こだわりの街
Photo by 柏木鈴代 / KGP

株式会社ECホールディングス

事業内容

ECを軸とした企業支援だけでなく、企業様にとって今何をすべきかという観点から、各業界No.1企業との提携ネットワークを活用して、様々な角度からのベストソリューションを提供する。

サイトURL

株式会社ECホールディングス
http://www.echoldings.co.jp/
カーボンオフセットプロバイダー ジーコンシャス株式会社
http://gconscious.jp/
「オーダーサプリ・ドットコム」
http://www.ordersupli.com/

社長ブログ

ECホールディングス社長の日記
http://blog.livedoor.jp/
isekitakehiro/

会社ロゴ

 
仲介手数料無料のオフィス移転。大阪オフィス検索
遂に仲介手数料無料化!福岡オフィス検索
遂に仲介手数料半額!名古屋オフィス検索
遂に仲介手数料半額!名古屋オフィス検索