株式会社リブセンス

株式会社リブセンス

村上 太一社長

沖田
起業して良かったと感じたエピソードがあれば教えてください。

社長
ジョブセンスを使ったお客様から「画期的な仕組みの求人サイトですね」と喜んでいただけるのが一番嬉しいです。起業した当時は、類似した仕組みのサイトがなかったため、「これまでどこに広告を出しても採用ができなかったけれど、ジョブセンスのおかげで良い人材が採用できました!」とお客様に評価してもらったのは感激でした。求職者の方からも、就業先が決まり、さらに祝い金というオマケがつく仕組みを喜んでいただけているようです。

沖田
大学生の頃に創業されましたが、周りには遊んでいる友達もいる中で、遊びたいという気持ちはありませんでしたか。

社長
正直なところ、当時も今も遊びたいという気持ちはありません。早稲田の付属高校出身で、大学の受験勉強がなかったので、「大学生になったら遊びたい!」という気持ちは起きませんでしたね。

ダイヤモンド経営者倶楽部の最優秀賞トロフィー

沖田
では、休日にされる趣味はございますか。

社長
仕事が趣味みたいなものです。ですから、休日でも午前中にジムに行くぐらいで、昼から仕事をしています。大学生というモラトリアムの立場で、あえて起業をした私は、単純に仕事が好きなのだと思います。

沖田
なるほど!起業をされて、これまで大変だった事はありましたか。

社長
最初の1年目は恐ろしく大変でした。人脈も、スキルも、お金も何もない状態から4人で始めて、1年目は売上が500万円だけでした。創業してから半年間は全員無給でしたし、半年後から給料は役員分がそれぞれ5万円でした。でも、当時は大学生でしたし、浪費癖はありませんので、5万円でも十分だと感じていましたね。

沖田
いまや成長率200%を超えていらっしゃいますが、好転した転機はございましたか。

社長
特に転機はありません。ずっと地道にやり続けることですね。あきらめ方を知らなかったことがポイントだと思います。とても辛く、ストレスで白髪だらけになり、もう辞めたいと思った時期もありましたけれど、会社のたたみ方が分からないので地道にやり続けていました。

ブルーでまとめられたリブセンスのエントランス

沖田
辛い時期を経験されていたのですね。逆に起業して楽しかったエピソードはございますか。

社長
毎日が楽しいですね。楽しくないと思えば何もかも楽しくなくなってしまいます。私は、幸せな方向に勝手に自分が向かっていく性格なんです。

沖田
毎日が楽しいと言えるのは、素敵なことですね。では恐縮ですが、私の今後の社会人生活に向けてアドバイスをいただけますでしょうか。

社長
過去は現在によって変わると思っています。今が大変だったとしても、未来次第で、いつかは「あれでよかったんだ」と思えるようになります。事実は変わりませんが、考え方は変えることができます。起業の当時は大変なことが起こって辞めたいと思ったこともありましたが、成功すれば、それはいい思い出になりますよね。だから、当時はそういう辛い状況をある意味楽しんでいました。あらゆる出来事は、どうにでも自分次第で変わっていきます。

シンブルにまとめられたリブセンスの会議室

沖田
そう考えると、ポジティブになれますね!

社長
その他に私が大切にしているのは、細かい基本的なことです。靴はそろえて置く。机の上をキレイにする。布団をキレイに畳む。といった、小学生で教わったようなことを徹底するんです。当たり前の基準をどんどん上げていきたいと思います。

沖田では、最後に村上社長の目標をお聞かせください。

社長
直近の目標は、最年少で東証一部に上場することです。現在の最年少記録は31歳なので、それまでに上場させたいと考えています。イメージトレーニングをするために、クックパッドさんの上場式典を見に行ったりもしました。

リブセンス会社ロゴ

沖田
イメージトレーニングですか。

社長
私は潜在意識を大事にしていて、寝る前にストレッチをしながら最高の状態をイメージします。まだ上場のイメージができていないので、まずは頭の中で形にしたみたいですね。

リブセンスには、「幸せから生まれる幸せ」という理念があります。上場は、それを大きく実現するための一つの手段だと思っています。また、社員が増えてきている中で、彼らを「どこかのよく分からない企業の社員」で終わらせるのではなく、「一部上場の社員」にしてあげたい。また、新サービスのプレスリリースを一本打っても、今は見てもらえませんが、上場すれば株主や世間に見られます。そんな影響力のあるステージに立ちたいのです。

沖田
本日は貴重なお話をありがとうございました。

インタビュー中の風景

取材を終えて

取材を終えて

今回はオフィスWatch史上最年少、22歳の村上社長へのインタビューでした。若さと勢いを感じる活気付いた雰囲気とは対照的に、ガラスや黒を用いたクールで落ち着いたオフィスデザインが印象的でした。

村上社長が大学を卒業されたので、次は高田馬場を離れて、渋谷に移転をするのだとか!次はどんなオフィスにされるのか楽しみにしていますね。

社長おすすめの本

影響力の武器[第二版]―なぜ、人は動かされるのか

影響力の武器[第二版]―なぜ、人は動かされるのか

ロバート・B・チャルディーニ(著)

 
成功者の告白 5年間の起業ノウハウを3時間で学べる物語

成功者の告白 5年間の起業ノウハウを3時間で学べる物語

神田 昌典(著)

 
 
  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
  • 06
  • 07
 

File 111

  • 株式会社リブセンス
  • 高品質の家具
  • スケルトンのオシャレ棚
  • 早稲田
  • Break Time
  • 社長インタビュー
  • 内装デザイナーの気になるポイント
Photo by 柏木鈴代 / KGP

株式会社リブセンス

事業内容

「幸せから生まれる幸せ」を実現するため、「Best Product」というお客様の満足度の高い商品を提供し続ける。

サイトURL

株式会社リブセンス
http://www.livesense.co.jp/

成果課金型アルバイトサイト
「ジョブセンス」
http://j-sen.jp/

成果課金型社員求人サイト
「ジョブセンスLink」
http://job.j-sen.jp/

会社ロゴ

 
仲介手数料無料のオフィス移転。大阪オフィス検索
遂に仲介手数料無料化!福岡オフィス検索
遂に仲介手数料半額!名古屋オフィス検索
遂に仲介手数料半額!名古屋オフィス検索