バックナンバー > 株式会社レコチョク 今野 敏博氏 > こだわり1・インタビュー1

株式会社レコチョク|こだわり1 - 光のトンネル

エレベーターを降りると、そこはグレーを基調とした趣のある落ち着いたホール。 明るさに誘われて向かったエントランスの先には、光り輝く空間が見えてくる。真っ白な壁には、レコチョクカラーの鮮やかなピンク色のアートが施され、その奥の広場と呼ばれているスペースへ続く光のトンネルとなっている。

「入ってきた人を驚かせたかった!」という今野社長の思惑通り、エントランスと広場をつなぐこの光のトンネルは、誰もが見たことのない初めての空間で驚きの声を上げるほどのインパクトがある。

またこのトンネルは、窓の外にある歩道橋から見える場所にあり、不思議そうに中を覗きこむ人たちの姿が印象的だ。「光の先には何があるのだろう?」そんな期待感を抱かせる空間になっている。

トンネルの前に立つと、「早く中に入ってみたい!」とワクワクした気持ちでいっぱいになりました。トンネルの奥には、一体どんな空間が待っているのでしょうか!?

もっと多くの人にレコチョクを

会社内に設置されたDJブース

社長
弊社は2001年の創業以来、着信メロディ・着うた(R)配信サイトやデコメサイト等を運営してきましたが、2009年1月に運営サイトの中で多くのお客様に利用されていたサイト「レコード会社直営♪」の愛称である「レコチョク」にサービスブランドを統一させることにしました。

沖田
最近、テレビでよく御社のCMを拝見します。「レコチョク」という名前を耳にしない日がないくらいです。

社長
どうもありがとうございます。以前取材にお越し頂いた際にはテレビCM活動を全く行っていませんでしたが、社名変更を機にレコチョクという名前をもっと多くの方に知ってもらいたいということでCMを放映することにしました。

沖田
もう十分世の中に周知されていると思いますが……。

社長
おかげさまで日本人の20代女性の、4人に3人の方にご利用頂いているのですが、残念ながら40代になると「レコチョク」という名前すら知らない方ばかりなのです。CDを聞いたことがない方はほとんどいらっしゃらないかと思いますが、携帯で音楽をダウンロードしたことのない方はまだたくさん存在します。

オフィス内に張られたアーティストのサイン入りポスター
オフィス内に張られたアーティストのサイン入りポスター

ですので、そういった年齢層の方々にも自分達の名前を覚えて頂き、もっと気軽に音楽を楽しんでもらいたいと思っています。

沖田
なるほど。では、今後も携帯での音楽配信サービスに注力されていかれるのですね。

社長
基本的には携帯を主軸に展開していくつもりですが、携帯以外にももう少し世界を広げていく予定です。今後は映像の世界にも積極的に取り組んでいきたいと考えています。例えばミュージッククリップの数を増やして、音楽だけでなく映像も一緒に楽しめるサービスを充実させていきたいですね。

最近流行している言葉を使うのであれば、エンターテインメントコンテンツのハブ的存在になれればいいなと思っています。

会議室

沖田
これからの展開がとても楽しみです。

社長
ユーザーの方には、より一層親しみを持って頂ける存在になっていきたいと考えています。今後も音楽コンテンツ配信を中心とした多種多様なエンターテインメントコンテンツの提供を積極的に行い、新しい価値を提案する総合エンターテインメント企業を目指していくつもりです。

  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
  • 06
  • 07
 

File 114

  • 株式会社レコチョク
  • 光のトンネル
  • Plaza
  • 人を繋ぐビンテージ楽器
  • Break Time
  • 社長インタビュー
  • 内装デザイナーの気になるポイント
Photo by 柏木鈴代 / KGP

株式会社レコチョク

事業内容

携帯電話向けコンテンツやモバイルミュージックの配信により、音楽の普及へ貢献し、音楽のすばらしさを広めることを目的とする。

サイトURL

株式会社レコチョク
http://recochoku.jp/

会社ロゴ

 
仲介手数料無料のオフィス移転。大阪オフィス検索
遂に仲介手数料無料化!福岡オフィス検索
遂に仲介手数料半額!名古屋オフィス検索
遂に仲介手数料半額!名古屋オフィス検索