バックナンバー > 株式会社レコチョク 今野 敏博氏 > こだわり2・インタビュー2

株式会社レコチョク|こだわり2 - Plaza

光のトンネルの先にあるもの、それは円形に配置されたぬくもりのある天然木の床材と階段状になったステージ。こだわりのアンティーク家具でまとめられたその空間からは、季節の移り変わりを感じる青山通りの木々が見える。この贅沢な場所がレコチョクのPlaza(広場)だ。

「音楽と人が集う広場を作りたかった」という今野社長のイメージ通り、このPlazaでは社内外の会議だけでなく、音楽好きな人たちが集まりイベントを行ったりもする。デジタルな世界で仕事をしていると忘れてしまいがちなアナログの世界。音楽のにおいがする空間で、人と人、人と音楽のふれあいを感じる温かみのある質感がそこに存在している。

このPlazaができてから、社員同士はもちろん、音楽を通じてユーザーとアーティストが 集うふれあいの場として、たくさんの人が集うようになったそうです。私もPlazaの階段に腰を掛けて、たくさんの方と一緒に音楽を聴いてみたいです!

人と音楽が集うPlaza

円形のplazaと呼ばれる広場

沖田
エントランスを入ったところに現れる光り輝く壁がとてもきれいでした。

社長
ありがとうございます。アートと空間の融合をテーマに光のアーチを造り出しました。臨場感やにぎわいをテーマに絵を描いて頂いたのですが、エントランスとPlazaと呼んでいる奥の広場を繋ぐ空間ということで、社内ではトンネルと呼んでいます。

沖田
レコチョクカラーの鮮やかなピンクが効いていて、とてもお洒落な空間だと思いました。その奥に広がるPlazaは、さらにインパクトがありますよね!

社長
前々からイベントができるようなスペースを社内に作りたいと思っていて、今回その想いを形にすることができました。大きな円形のフォルムをベースに床には無垢のフローリング材を使っています。ステージ横にはDJブースを設置しているので、ライブもできるんですよ。

Plaza内に設置されたDJブース

沖田
それはすごいですね!社内にライブ会場のあるオフィスなんて、聞いたことがありません。

社長
Plazaでは様々なイベントを開催していますが、一番多いのはレコード会社さんを招待するパーティーですね。社員の中にDJがいるので、パーティーの時には社員がDJブースに立って会場を盛り上げます。たまに私も遊びでちょっと回してみたりします(笑)。

また、普段弊社のサービスをご利用頂いているユーザーを抽選でお招きして、伊藤由奈さんや新人杯グランプリの菅原紗由理さんなどアーティストの方を招いて月に2回ほどライブを開催しています。

沖田
ユーザーの方がいらっしゃるんですか!?

社長
はい。ライブを開催する際は、大体いつも50名〜100名くらいのユーザーをお招きします。弊社のビジネスは、サービス柄お客様と触れ合う機会が少ないので、様々な方と直接触れ合える機会を設けたかったんです。ついデジタル的な流れに偏りがちになりお客様と面と向かい合う機会が少なくなってしまいますので、アナログ的な感覚を忘れないように意識しています。

沖田
なるほど。だからPlazaの雰囲気は温かみのある雰囲気になっているのですね。

Plazaを囲うように配置された会議室
Plazaを囲うように配置された会議室

社長
そうですね。このPlazaには「人と音楽の温かさや質感を常に忘れない会社でありたい」というメッセージを込めています。今後もユーザーやアーティスト、社員等色々な方が集う場所として機能させていきたいと思っています。

  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
  • 06
  • 07
 

File 114

  • 株式会社レコチョク
  • 光のトンネル
  • Plaza
  • 人を繋ぐビンテージ楽器
  • Break Time
  • 社長インタビュー
  • 内装デザイナーの気になるポイント
Photo by 柏木鈴代 / KGP

株式会社レコチョク

事業内容

携帯電話向けコンテンツやモバイルミュージックの配信により、音楽の普及へ貢献し、音楽のすばらしさを広めることを目的とする。

サイトURL

株式会社レコチョク
http://recochoku.jp/

会社ロゴ

 
仲介手数料無料のオフィス移転。大阪オフィス検索
遂に仲介手数料無料化!福岡オフィス検索
遂に仲介手数料半額!名古屋オフィス検索
遂に仲介手数料半額!名古屋オフィス検索