バックナンバー > 株式会社シェイク 吉田 実氏 > こだわり2・インタビュー2

株式会社シェイク|こだわり2 - 研修ルーム

ビルの2フロアを利用しているシェイクでは、各フロアを利用目的別に分けている。ワンフロアは執務スペース、もうワンフロアは来客スペースとして機能している。
来客用フロアの大半を占めているのが、最大約50名まで利用できる研修ルーム。大きな窓から明るい光が差し込む室内には、コーポレートカラーの椅子と可動式のテーブルがいくつも設置されている。

社員研修サービスを提供しているシェイクでは、定期的にオフィス内で研修体験会・セミナーを実施している。「以前はオフィスの外に体験会・セミナー用の場所を借りていましたが、お客様に直接シェイクの雰囲気を感じてほしかったのです。」と語る吉田社長。
雰囲気作りを大切にしている同社では、訪れた方々に快適に感じて頂けるよう、可動式の利便性に優れた家具を設置したり、流す音楽の選曲にもこだわっているのだ。

研修ルームの隣には、ソファやドリンクサーバーのあるリラックススペースが用意されていました。とても快適な空間が用意されているので、研修にしっかり集中できそうです。

イキイキと働く人を増やす

最大約50名まで利用できる研修ルーム
最大約50名まで利用できる研修ルーム

沖田
御社は社外教育のプロですが、社内の方への教育はどのような形で実施されているのでしょうか。

社長
社員教育は適宜行っていまして、会社で提供するプログラムのテストを兼ねて社員に実施するケースが多いですね。

例えば、先日は30歳くらいの中堅層を対象に研修を実施しました。内容としては、結婚や出産という人生の節目を迎える中堅層に向けて、会社に対する迷いを解きほぐし、再度目的意識を目覚めさせるようなプログラムです。
この年代は、ある程度社会人としての経験を積んでいて「この会社で本当に良かったのだろうか?」、「そもそも自分は何をしたかったのだろうか?」というような迷いを持ち、大体目的を見失っています。

打合せスペース
打合せスペース

沖田
なるほど。人生の大きな節目を機に、仕事自体に対して迷いを感じ始める時期なのですね。

社長
そうですね。この他にも、例えば次期マネージャーを目指してほしい層に5ヶ月間近く中堅リーダーシップ研修というものを実施したり、毎年年末には全社員でのオフサイトミーティングも行っています。

沖田
全社員でのオフサイトミーティングは、どのようなものになるのでしょうか?

社長
毎回内容は違うのですが、会社のことを考える場にしているケースが多いですね。
今年は、「もっとシェイクを良い会社にしたい!」と言い出した社員が中心になって、改めてシェイクが大切にしたいことは何なのかを考えようという内容で実施しました。全社員をいくつかのグループに分け、シェイクで今、皆がどのような問題意識を持っているのかを模造紙にまとめて議論しました。

会議室

沖田
社員の方が主体的に動いていらっしゃるというのは素晴らしいことですね。

社長
若手が全社を巻き込んでプロジェクトを立ち上げることは多いですね。やはり社内は別でお客様だけ良くなれば良いというわけではなく、社員にもお客様にもイキイキと働いてほしいという想いが強くあります。

もちろん、まだまだ弊社は完璧ではありません。ただ、今実施しているひとつひとつのことがシェイクのチャレンジであり、この実行力を日本中に広めていける存在になれればと思っています。

  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
  • 06
  • 07
 

File 117

  • 株式会社シェイク
  • 太陽のエントランス
  • 研修ルーム
  • 完全フリーアドレス
  • Break Time
  • 社長インタビュー
  • 内装デザイナーの気になるポイント
Photo by 柏木鈴代 / KGP

株式会社シェイク

事業内容

人材育成事業、人事組織コンサルティング事業、新卒採用支援事業

サイトURL

株式会社シェイク
http://www.shake.co.jp/

会社ロゴ

 
仲介手数料無料のオフィス移転。大阪オフィス検索
遂に仲介手数料無料化!福岡オフィス検索
遂に仲介手数料半額!名古屋オフィス検索
遂に仲介手数料半額!名古屋オフィス検索