中田総合法律事務所|こだわり2 - 新築のビル

中田総合法律事務所は、昨年出来上がったばかりの真新しいビルに入居している。
ビルの一階ロビーは、まるでホテルのような贅沢な雰囲気。屋上にはルーフガーデンが広がり、とても都心の建物とは思えない空間が広がっている。

「人間の心は、空間に非常に左右されるもの。その空間で時間を過ごす人々が寛げる空間でないと、そこに訪れる方たちに対して安心を提供することはできません。」と語る中田先生。

単に効率性を求めてオフィスを選ぶのではなく、その空間に身を置く人がどのような感覚を持ち得るのかという点にこだわり、オフィスが入居するビルから選定したのである。

ビルの作り一つひとつが非常にゆとりのある設計で、私自身もこのビルに入った瞬間、不思議と気分が落ち着いてリラックスしていました。それまでの都会の雑踏とのギャップが、その効果を増大させているのでしょうね。

戦略法務

Recoltent(実り)の部屋

沖田
御社では、「攻めの法務」として「戦略法務」を提唱されていますよね。

先生
そうですね。物事に対処する行動様式には、大きく分けて攻めと守りがあります。勿論、攻め一方だけでよいというのではありませんが、守りに意識を置くと、攻めの意識が弱くなる傾向が強いんです。サッカーを例にすればよく分かると思うのですが、ディフェンスを重視し過ぎると攻撃が弱くなって点が取れません。要するに、負けないけれども勝てない、という状態に陥ります。勝てないまま均衡状態に持ち込むのが精一杯になるのです。せいぜい相手の失敗を待っている状態ですね。

沖田
なるほど、すごく分かりやすいです。

会議室前の廊下

先生
私どもの法律事務所は、会社法を主要なフィールドとするビジネス法務を主に扱っているので、ビジネスの成功=勝つことを目標にしています。だから、どこを強化するのかという時に、守りを強化するという方針を立てては駄目です。負けないけど勝てない、という状態を目指してはいけない。それはどんな規模のビジネスに対しても言えることで、目標を決めてそれに到達するために加速度をつけていくことが大事で、要するに勝ちに行かないと均衡状態に耐えられず組織は徐々に崩壊してしまいます。

進む方向が分からないと組織は淀んでしまい、いつしかバラバラな方向へと進んでしまうことになるのです。

沖田
なるほど。たしかに中田先生の仰る通りかもしれません。

Croissance(成長)の部屋の壁に掛かる絵

先生
そして、物事をトータルに、総合的に捉えて目標に向かって進んでいかなくてはいけない。そういった考え方として、「戦略法務」を提唱して、私どもの法的サービスの柱としています。

沖田
「戦略法務」とは、どういうことなのでしょうか。

先生
特定の分野、例えば特許の分野は強いけれども、会社法や競争法には対応できない、という法律事務所があるとすれば、お客様の立場からすれば、一貫した法的サービスが必ずしも受けられない。「特許に限り」という限定つきのサービスしか受けられないということになります。法律事務所の立場からすると、お客様の本当のニーズ・抱えている問題が把握できませんから、この問題に対する最善の処理はいったいどういうことなのかが分からなくなります。

車に例えると、すごくエンジン性能が良くてスピードはメチャクチャ出せるんだけれども、残念ながらブレーキ性能はいまいち、というような車。極端な話かもしれませんが、ひとつのものが優れているからといって、全体としてみると使い物にならないというようなことが世の中にはたくさんあるのです。

沖田
それは怖いですよね。

先生
「戦略法務」の考え方は、攻めの法務、勝つための法務ですから、ビジネスを全体として考えます。したがって、部分部分の問題解決は勿論ですが、全体最適を考えて部分を扱うのです。車として走るためには、必ずしもエンジン性能はさほどでなかったとしても、ブレーキ性能とのバランスが取れているほうが良いわけです。このような全体最適を考えるためには、弁護士の側では、一人ひとりが専門分野において秀でることだけでは足りなくて、あらゆる分野において一定の水準を保たなくてはならない。「専門性と総合性の融合」を可能とする実力が必要になるのです。ネームとして「総合」を唱える法律事務所はたくさんありますが、それが実現できている法律事務所は残念ながらそれほど多くありません。

要するに、一人ひとりの弁護士があらゆる分野で高い水準を共有しながら、それをベースとして、一人ひとりの弁護士がさらに高い専門性を持っている、というイメージ。そういった本当の意味において「総合法律事務所」を作りたいと考えています。

  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
  • 06
  • 07
 

File 121

  • 中田総合法律事務所
  • フランスの会議室!?
  • 新築のビル
  • 先生の部屋
  • Break Time
  • 先生インタビュー
  • 内装デザイナーの気になるポイント
Photo by 柏木鈴代 / KGP

中田総合法律事務所

事業内容

事業(会社)再編、コンプライアンス法、知的財産権、戦略法務、一般企業法務等

サイトURL

中田総合法律事務所
http://www.nakadanet.com/
index.shtml

会社ロゴ

 
仲介手数料無料のオフィス移転。大阪オフィス検索
遂に仲介手数料無料化!福岡オフィス検索
遂に仲介手数料半額!名古屋オフィス検索
遂に仲介手数料半額!名古屋オフィス検索