株式会社ライブレボリューション|こだわり2 - 艦長席

オフィスの一角にドンと構える円盤型のステージ。階段を上ると翼のように広げられたデスクの上にパソコンのモニターが3台並べられている。社内を一望できるほど高さのあるこのスペースは、なんと社長席なのだ。宇宙船の司令塔を務める艦長席のごとく、存在感抜群の空間が広がっている。

今までは社員と同じようなデスクを使っていたが、今回初めて社長席を設けた。作業面積が広くなったことによりデスクワークの生産性が向上し、広くなったオフィス内を一望できるようにすることで、社内状況を把握しやすくなった。宇宙船の艦長席のような格好良さもさることながら、実用性もしっかりと兼ね備えた究極の社長席なのである。

ちなみに、社長席のステージ前方にはマイクが置かれていて、この場所から全社員に向けて語りかけることもあるそうです。私もその場に立たせて頂きましたが、高台から見る社内全体の様子は圧巻という感じで、何だか自分が偉くなったかのような気分がしました(笑)。

人のために働ける人材

社内の様子

沖田
ライブレボリューションでは新卒採用にこだわっていますが、それは何故でしょうか?

社長
新卒の学生たちは、他社の価値観や文化に染まっていません。当社のやり方は、世間一般の会社とは真逆なところが多いため、中途の方は逆に当社では働きにくいのではないでしょうか。

沖田
なるほど。増永社長ご自身は、今の学生はどのような傾向にあると思いますか?

社員の方の仕事をしている様子

社長
学力が著しく落ちていますし、会社に入ることについて前向きではないですね。就活という競争原理で会社を決めているだけという感じがします。そして、世界観がものすごく狭くて小さくまとまった学生が多いですね。「なんとか自分だけでも生き残らなければ」といった切迫感が伝わってきます。そうすると自然に自己中心的な考え方になってしまいますよね。

沖田
全体的に後ろ向きな印象ですね。そのような学生の中から、有能な学生を採用する際のポイントはありますか?

社長
まずは、「利他の心」を持っているかどうかです。「自分のために」ではなく「周りの人のために」という想いを持っている人でなければ採用しません。それから、ライブレボリューションが好きだということです。

社内の様子

ライブレボリューションへの愛があるかどうかです。それは内定の承諾率100%、内定辞退率0%ということが物語っています。それから学力ですね。8次選考まであり、その間あらゆる角度からのテストを数多く行います。ただし、一次試験でさえ合格率は3%ぐらいという難関なんですが。

沖田
すごい確率ですね。狭き門をくぐり抜けた逸材の中からさらに厳選するわけですね。

社長
そうですね。その中でもやはり一番重要視するのが「利他の心」を持っているかどうかです。人のために働くというマインドがそもそもあるのかということで、それはたとえば「感謝の気持ち」に通ずるものです。
日々周りの人間に対して「感謝の気持ち」を持っている人間は、周りからも愛されます。ライブレボリューションは、そういった「感謝の共有」や「愛の共有」のある企業なのです。自己利益を追求する人間ではなく「利他の心」に溢れている人間を採用し続けてきたからこそ、今のライブレボリューションがあるんです。

  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
  • 06
  • 07
 

File 127

  • 株式会社ライブレボリューション
  • 宇宙船
  • 艦長席
  • 劇場型セミナールーム
  • Break Time
  • 社長インタビュー
  • 内装デザイナーの気になるポイント
Photo by 柏木鈴代 / KGP

株式会社ライブレボリューション

事業内容

モバイル分野の領域を中心に広告・プロモーションに関わる事業を展開。

サイトURL

株式会社LiveRevolution
http://www.live-revolution.co.jp/

会社ロゴ

 
仲介手数料無料のオフィス移転。大阪オフィス検索
遂に仲介手数料無料化!福岡オフィス検索
遂に仲介手数料半額!名古屋オフィス検索
遂に仲介手数料半額!名古屋オフィス検索