バックナンバー > 株式会社モズー 竹原 真治氏 > こだわり2・インタビュー2

株式会社モズー|こだわり2 - MOZOOスタジオ

幾重にも重なり合うカラフルなライン、薄暗い空間にほんのりと灯りをともす赤い照明。そして、空間の隅に置かれている多種多様な機材。ここは、国内最大級の収録エリアを誇るモーションキャプチャースタジオである。

このMOZOOスタジオでは、ダイナミックで臨場感たっぷりの収録が実現される。CGムービー制作、ゲーム制作におけるモーション設計等、様々な用途に使用されている。

広大なスタジオの他、顔を専門に撮影するためのスタジオや防音ブース、ミーティングスペースや更衣室まで完備しているというから驚きだ。

初めて目にするスタジオの様子に、興味津々で取材をさせて頂きました。この場所で撮影された数々の作品のポスターやDVDを目の当たりにして、とても感激してしまいました!

空間の提供

打合せスペースのソファー

沖田
オフィスの外観と内装のギャップとに驚きました。
とてもカッコいいオフィスですよね!

社長
どうもありがとうございます。
私自身がオフィスのデザインに携わったのですが、まだたくさん変えたいところがあるんです。広さがあるので、全てを改装するのは現実的に難しいのですが、物置きになっていたスペースがあるので、そこをラウンジのようなスペースにしようかと考えています。
海が見える部屋なんですよ。

沖田
それはいいですね!

社内の様子

社長
クライアントさんに撮影の合間に快適に過ごして頂けますし、社員も気軽にリフレッシュする空間として利用できれば良いなと思っています。
たくさんお客様がいらっしゃる場所なので、できる限り快適に過ごして頂けるように空間作りにはこだわりましたね。

沖田
例えば、どのような部分なのでしょうか?

社長
そうですね。単に部屋を作るだけでなく、本棚を置いたりカーテンを設置したり過不足のないようなインテリアを配置しました。撮影の際は、プロデューサーやアクター、マネージャーなど様々な立場の方がいらっしゃいますので、その方に合った空間を自分で選択できるように、使う人次第で様々な顔を持つスペースを作りました。

打合せスペース

沖田
誰にでも使いやすい空間を作られた理由はなんでしょうか。

社長
自らスペースを選択し使い方をアレンジすることで、自分だけのマイスペースのような場所ができてきて、結果的に居心地の良い時間を過ごしてもらえると思います。単に「どうぞ使ってください」と場所を提供するのではなくて、空間自体から我々の想いを伝えていきたいと考えています。

  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
  • 06
  • 07
 

File 129

  • 株式会社モズー
  • 倉庫
  • MOZOOスタジオ
  • クリエイティブルーム
  • Break Time
  • 社長インタビュー
  • 内装デザイナーの気になるポイント
Photo by 柏木鈴代 / KGP

株式会社モズー

事業内容

CGアニメーション制作及びコーディネート、モーションアクターのコーディネート、ゲーム制作などにおけるモーション設計

サイトURL

株式会社モズー
http://www.mozoo.jp/

会社ロゴ

 
仲介手数料無料のオフィス移転。大阪オフィス検索
遂に仲介手数料無料化!福岡オフィス検索
遂に仲介手数料半額!名古屋オフィス検索
遂に仲介手数料半額!名古屋オフィス検索