株式会社サウザンドクレイン|こだわり1 - 三ツ星エントランス

眩い光に包み込まれたサウザンドクレインのエントランス。気品漂う家具や小物の数々が、空間の雰囲気と見事にマッチングしている。そこには、まるで三ツ星ホテルさながらのクオリティが広がっている。

「コールセンターの役目は、企業とお客様を結ぶ橋渡し。だからこそ、来ていただいた方に安心して頂けるような内装にこだわりました。」と高橋社長は語る。お客様を迎え入れるエントランスは、いわば会社の顔。ホテルのような空間へのこだわりは、お客様への安心感・信頼感へと繋がっているのである。

空間だけでなく、受付の方のクオリティの高さにもビックリ!見た目だけでなく、中身にもしっかりと想いが込められていて感激しました。

人財力

執務スペース

沖田
若い社員さんがはつらつと働かれている姿が印象的ですね!

社長
明るく元気の良いスタッフばかりなので、雰囲気はとても良いですね。テレアポ業界では異色な取り組みをしていることも、その要因なのかもしれません。

沖田
どのような取り組みでしょうか。

社長
私たちは自社採用にこだわり、スタッフを定着化させることで、業務のクオリティを上げています。テレマーケティングに必要な人材を、「人財」に育て上げることを重要視しているんです。また派遣会社のスタッフを利用しないので、少数精鋭で質の高いサービスを提供できています。

執務スペース
執務スペース

沖田
「人財」とはどういう意味でしょうか。

社長
「人は財産である」という考え方から、「人財力」という言葉を使っています。スタッフを単なる人材として扱うのではなく、財産として大事にするという意味が込められています。

沖田
良い言葉ですね。社員さんへの想いが伝わってきます。

社長
テレマーケティングで最も重要なものは、人なんです。
システムや機械といった商材を扱わないため、いかにその人自身が優れているかが問われるのです。

執務スペースの掲示物

1対1のコミュニケーションの中でお客様の信頼を築き、契約につなげていくためには、コミュニケーションスキルの高い人財を育成しなければならないんです。これは、私たちの経営理念でもあります。

沖田
人を育てることが業務に直結しているんですね。

社長
コールセンターで離職率が高いのは、教育の徹底が難しいこと、派遣会社のスタッフの利用などが主な原因です。人が定着しないと、その分業務のクオリティが低くなり、業績も思うように伸びていきません。
コールセンターの業務は、スタッフの言動一つひとつがサービスに直結してくるものだからこそ、人への想いは強いものがあるんです。

  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
  • 06
 

File 130

  • 株式会社サウザンドクレイン
  • 三ツ星エントランス
  • 和と洋のリフレッシュルーム
  • ホワイト&ブラウンな会議室
  • Break Time
  • 社長インタビュー
Photo by 柏木鈴代 / KGP

株式会社サウザンドクレイン

事業内容

セールスプロモーション事業、CRMマーケティング事業、WEBマーケティング事業、BPO事業

サイトURL

株式会社サウザンドクレイン
http://www.thousand-crane.co.jp/

会社ロゴ

 
仲介手数料無料のオフィス移転。大阪オフィス検索
遂に仲介手数料無料化!福岡オフィス検索
遂に仲介手数料半額!名古屋オフィス検索
遂に仲介手数料半額!名古屋オフィス検索