株式会社サウザンドクレイン|こだわり2 - 和と洋のリフレッシュルーム

間接照明に木製の家具、ストライプのカーペットが敷き詰められた上品なスペース。その奥には、和紙で覆われた照明が灯る、畳のスペースが広がっている。執務スペースに隣接する和と洋の空間は、サウザンドクレインのリフレッシュルームなのである。

2部屋のリフレッシュルームは、社員と社員を繋ぐコミュニケーションの場として作られた。その日の気分に合わせて社員は好きな部屋を利用することができ、社内のコミュニケーション力を強める以外に、何気ない会話の中から新しいアイディアが生まれる場としても効果を発揮しているのだという。

ちなみに、お昼休みには畳のリフレッシュルームで、プチ昼食会が開かれることもあるのだとか。雰囲気も相まって、まるで和食屋さんで食べているかのように美味しく感じるそうです!

コミュニケーションの重要性

リフレッシュルーム

沖田
人を大切にされていらっしゃるとのことですが、社員さんの教育にはどのようなことをされていますか。

社長
ベンチャー企業の弱点のひとつとして、サービス面が不十分なところがあると思います。業績には直結しづらい部分なので、なかなか行き届いていない会社が多いのだと思うのですが、例えば、当社ではおじぎの角度やドアの開け方や閉め方、お茶の出し方など、きめ細かく指導しています。

沖田
受付の方の対応の素晴らしさに感激した理由がわかりました。採用の際に、何かポイントにされている事はあるのでしょうか。

社長
素の部分を見るということです。謙虚さ、素直さ、人の良さを重視しています。経験・未経験は全く気にしていないので、社員には未経験の人間の方が多いかもしれません。

沖田
そうなんですね。

社長室

社長
トークマニュアルや業務の研修を徹底的に行っているので、未経験の方でも全く問題ありません。謙虚で素直な人の方が仕事の飲み込みが早いですし、すぐに社内の雰囲気にも馴染んでくれます。

沖田
社内の雰囲気が良い理由は、そこにあるんですね。

社長
そうですね。また、社員同士のコミュニケーションを大切にしているのも要因のひとつだと思います。テレアポ業界はスタッフとお客様とのコミュニケーションで成り立っています。他の業種に比べてコミュニケーションが重要な業界なので、人への投資は惜しみません。実は、リフレッシュルームの充実も、社員同士のコミュニケーションを促すためのものなんです。

社内の掲示物

沖田
オフィス環境にも、その想いを取り入れていらっしゃるのですね。

社長
はい。実は、今度福利厚生施設の一環で、オフィスの近くにゲストルームができるんです。社員同士の交流の場として用意した場所なのですが、心置きなくコミュニケーションを取ってもらえる空間になっていると思います。なかなか豪華な部屋なんですよ(笑)。

沖田
それは素敵ですね!私も一度お伺いしてみたいです。

  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
  • 06
 

File 130

  • 株式会社サウザンドクレイン
  • 三ツ星エントランス
  • 和と洋のリフレッシュルーム
  • ホワイト&ブラウンな会議室
  • Break Time
  • 社長インタビュー
Photo by 柏木鈴代 / KGP

株式会社サウザンドクレイン

事業内容

セールスプロモーション事業、CRMマーケティング事業、WEBマーケティング事業、BPO事業

サイトURL

株式会社サウザンドクレイン
http://www.thousand-crane.co.jp/

会社ロゴ

 
仲介手数料無料のオフィス移転。大阪オフィス検索
遂に仲介手数料無料化!福岡オフィス検索
遂に仲介手数料半額!名古屋オフィス検索
遂に仲介手数料半額!名古屋オフィス検索