株式会社ブックリスタ|こだわり1 - 間伐材

オフィスに一歩足を踏み入れると、一面に広がる木の世界。柔らかい日が窓から差し込み、芳醇な木の香りに包み込まれる。本棚、壁、床までが木で作られた、木の温もりを五感で感じられる空間だ。

この空間で使われているのは主にニシアワーというブランド木材だ。電子書籍を扱うブックリスタは、紙の書籍への想いも熱い。その本の原料である木材へこだわることが、本と空間との絶妙な調和を生む効果をもたらしているのである。本と木に囲まれたこの空間は、理想的な人と本との出逢いの場なのだ。

ちなみに、窓際にはデコボコした小さな可愛らしい木のオブジェが。実はこれ、普段は捨てられてしまう端材なんだそうです。余すとこなく資材を使った、地球に優しいエコでオシャレなオフィスですね!

人と本との出逢いの場

壁にずらりと本が並んだオフィス

沖田
オフィスの中は本と木でいっぱいですね!

社長
オフィスを訪れた瞬間、お客様に会社のコンセプトを感じていただくことが、大切だと思っています。ホームページだけでは伝わりきらない「ブックリスタらしさ」を、本と木に囲まれたこのオフィスで表現しました。

沖田
見た目のインパクトもさることながら、木の香りが素晴らしいですよね。

社長
ありがとうございます。主に岡山県西粟倉村産の杉やヒノキの間伐材を使用しています。生産者の顔が見えるというのが面白くて、木の温もりに加えて人の温もりも伝わってくるので、温かみのあるオフィス空間が実現しましたね。

今野社長

沖田
本当に温かみがあって癒されますね。そもそも何故木を使おうと思ったのでしょうか。

社長
もともと本は木からできているものです。だから、本と木は非常に相性が良いんですね。「温かみのある、人の集まるオフィスにしたい」という私たちのコンセプトにもマッチすると思い、木材へのこだわりを持ってオフィス作りをしました。本の原料である木材をふんだんに使用することで、本の歴史や成り立ちなども表現できたらなと考えました。

内装にも取り入れられてる木々

沖田
なるほど。だからこの空間がしっくりくるんですね。

社長
本と木に囲まれたこの空間は、人と本との出逢いの場です。私たちの取り扱う電子書籍は、紙の本に比べて冷たいイメージがあるかと思いますが、どちらも「本」なんです。そのような意識から、誰もが気軽に本と親しむことができるスペースを作り上げました。

  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
  • 06
 

File 131

  • 株式会社ブックリスタ
  • 間伐材
  • 本の森
  • ブックカフェ
  • Break Time
  • 社長インタビュー
Photo by 柏木鈴代 / KGP

株式会社ブックリスタ

事業内容

電子書籍配信のプラットフォームを展開。出版・新聞コンテンツの管理・プロモーションに必要なシステムの企画、開発、構築、提供。

サイトURL

株式会社ブックリスタ
http://www.booklista.co.jp/

会社ロゴ

 
仲介手数料無料のオフィス移転。大阪オフィス検索
遂に仲介手数料無料化!福岡オフィス検索
遂に仲介手数料半額!名古屋オフィス検索
遂に仲介手数料半額!名古屋オフィス検索