バックナンバー > 株式会社サイブリッジ 水口 翼氏 > こだわり3・インタビュー3

株式会社サイブリッジ|こだわり3 - シカータくん

サイブリッジのキャラクター、シカータくん。オフィス内には、シカータくんのぬいぐるみやキャンディー、うちわ、タオルマフラー、サイブリッジのキャッチコピー「まかせなサイブリッジ」をあしらった手ぬぐいなどのグッズが置かれている。

「サイブリッジという会社に親近感を持ってほしい」。こんな想いから生まれたのが、数々のノベルティグッズだ。無機質な印象になりがちなサービスやオフィス空間を、温かい身近な存在にしてくれるシカータくん。ゆるキャラ・シカータ君に、まかせなサイブリッジ!

ちなみに、シカータくんの由来は、以前入居していたビルの名称なのだそう。シカータくん専用のサイト(http://shicata.cybridge.jp/)もあるので、ぜひ一度遊びに行ってみてくだサイブリッジ(笑)!

タブレット端末

社長
数年前までは平均年齢20代前半の若い会社でしたが、一昨年に買収した制作会社が平均年齢30代半ばぐらいで、現在は20代後半の社員が平均的になっています。

事業内容の多角化と共に社員数も増えていますので、社員同士がコミュニケーションや意思疎通が取れるような取り組みとして、普段接する機会の少ない部署間でのシャッフルランチも実施しています。

沖田
それは良い制度ですね。

社長
社員同士、良い刺激を受けているようです。事業規模が拡大し人数が増えれば、分業体制になってしまうのは仕方がないことではありますが、社員にはできる限り会社の全体像を見てほしいと思っています。サイブリッジという会社を土台にして、新規ビジネスのアイデアを積極的に生み出してほしいですね。

社内の様子

沖田
なるほど。サイブリッジで働く社員として、他に大切なことはありますか。

社長
自立した人間として、何でもやってみるという姿勢が大切だと思っています。

自分ができることに限界を作らず何事にも果敢に挑戦していくことで、どんどん成長できるんです。サイブリッジでは、自分達でできることはやってみる、挑戦するという考え方を大事にしていきたいです。
それは、年齢が上がったからと言って、無くなるものではありません。成果を出すために努力し挑戦していける人こそが、ベンチャー企業で活躍できる人材だと思います。

社内に置かれたガチャポン

沖田
その想いを社内に浸透させるのは、なかなか難しいですよね。

社長
そうですね。地道に言い続けることが必要です。

ずっと言い続けていると、いつの頃からか同じことを部下が口にするようになります。部下が自分の部下に伝え、またその部下が部下に伝え……と徐々に伝染していくんです。

社内に自分の考え方が浸透し、その想いが行動に移った瞬間を目の当たりにすると、本当に嬉しく思います。

  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
  • 06
 

File 135

  • 株式会社サイブリッジ
  • 新宿フロントタワー
  • 社内図書館
  • シカータくん
  • Break Time
  • 社長インタビュー
 

株式会社サイブリッジ

事業内容

WEBインテグレーション、インターネットメディア、インターネット広告事業

サイトURL

株式会社サイブリッジ
http://www.cybridge.jp/

会社ロゴ

 
仲介手数料無料のオフィス移転。大阪オフィス検索
遂に仲介手数料無料化!福岡オフィス検索
遂に仲介手数料半額!名古屋オフィス検索
遂に仲介手数料半額!名古屋オフィス検索