バックナンバー > 株式会社SOU 嵜本晋輔氏 > こだわり3・インタビュー3

株式会社SOU|こだわり3 - 絢爛たるエントランス

シャンデリアが眩しく輝きを放ち、白と黒で塗り分けられたソファーの上には大きな金色の鍵が置かれている。黒いタイルで全体をシックにまとめ、煌びやかなディスプレイをより一層際立たせている。その上部には、スターオークションのロゴが浮かび上がる。

「オークションを、もっと高級な雰囲気でやりたい」と嵜本社長は語る。豪華なエントランスに迎え入れられて客人のボルテージは最高潮に達する。特別な空間を作り上げ、オークションに参加する人の気分を昂らせる、魅惑的なイリュージョンが仕掛けられている。

【取材スタッフの一言】
オフィスに入ってエレベーターから降り、待ち構えていたのがこのエントランス。デザイナーさんが張り切って作ったそうです。この豪華なデザインは、羨ましいですね!

常にアイデアを発想する!

社内の様子

澤村
パティスリーブラザーズのスイーツはどのように誕生してお店になったのですか。

社長
自分たちで飲食店をやろうと思い、カフェが良いと思ったんです。縁あって西宮の土地を取得する事ができました。ご存知の通り、西宮ではスイーツがものすごく流行っていました。お取り寄せブームでもありました。自分たちもロールケーキとバウムクーヘンの専門店をやり、地域のお客様に愛される店を作りたいなと思ったんです。そこでパティシエの求人を出したところ、とても優秀なパティシエがきてくれるという素敵な偶然が起きました。この出会いには今でも感謝しています。

澤村
土地を買ってからスイーツをやろうと考え出したんですか。

社長
そうです。まず場所を押さえてから、何をするかを考えました。洋菓子の展開は、ミラクルの連続でした。西宮の土地がなければスイーツもやっていなかったし、大阪の百貨店にお世話になることもなかったし、関東のバイヤーの目に留まることもなかったし、スカイツリーに出店することもなかったと思います。ご縁ときっかけで、ここまでこれていますよね。

社内の様子

澤村
あえてスイーツ激戦区に飛び込まれたのは、どうしてですか。

社長
スイーツ激戦区に飛び込んで行ったのは、そこに需要があるからでした。でも、ただショートケーキを作っても勝てません。やるからには、ほかと違ったものを作らないといけません。なぜか自分たちの味覚には自信を持っていましたね。洋菓子の店を出す人は職人さんが多く、その人たちになかったアイデアを出すことができていました。

澤村
職人さんにはない、素人ならではのアイデア勝負ですね。

社長
本当にそうですよ。例えば私は四角いシュークリームを考えました。30万個以上売れた商品です。男前豆腐さんや、サンリオさんとコラボしてキティちゃんのシュークリームもありますよ。スカイツリーでは、限定のデザインを作っています。

オフィスの様子

職人さんはシュークリームといえば、あの丸いシュークリームだと考えていますが、私たちは素人なので自由な発想で考えています。そして自分たちの意見を聞き、作ってくれるパティシエもいてくれました。メディアは新しいスイーツを常に探していますから、面白いものを作れば、ほっといても食いついてきてくれます。

澤村
面白いことを考えるには、どのようなことをされていますか。

社長
常にキョロキョロして街中を歩いています(笑)。面白いことがあったら、そこで何かできないかを考えています。面白い接客があったら、自分たちのところに落とし込めないか真剣に考えますね。

  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
  • 06
 

File 151

  • 株式会社SOU
  • 渋谷
  • オークションルーム
  • 絢爛たるエントランス
  • Break Time
  • 社長インタビュー
 

株式会社SOU

事業内容

ブランド品・宝石・貴金属・骨董の買取・ジュエリーの買取、オークション運営、WEBサイト&モバイルサイト用の企画・制作・運営・チラシ制作、SEO対策・ソーシャルメディア対策・リスティング広告運営・オークションの開催

株式会社SOU
http://www.ai-sou.co.jp/

会社ロゴ

 
仲介手数料無料のオフィス移転。大阪オフィス検索
遂に仲介手数料無料化!福岡オフィス検索
遂に仲介手数料半額!名古屋オフィス検索
遂に仲介手数料半額!名古屋オフィス検索