バックナンバー > 株式会社デモ 角田芳泰氏 > こだわり1・インタビュー1

株式会社デモ|こだわり1 - 2つのL字型会議室

真っ白い大きな会議室。白い壁にピンクと青のパステルカラーが可愛らしいデザインで彩られ、白いデスクにカラフルな椅子が並べられている。
2つの部屋がL字型に広がった清潔感の溢れる開放的な空間だ。

「大きくて開放感のある空間を演出したかった」と語る角田社長。
個性的で可愛らしいL字型デザインに仕上げるだけでなく、間仕切りを利用すればタイプの違った会議室として利用することができる。
実用性も兼ね備えた、デザイン性の高い会議室だ。

【取材スタッフの一言】
雰囲気を変えられる会議室があると会議の幅が広がりますね。さすが、制作会社です!

常に一歩・二歩先を考えて行動する

会議室

田中
事業を立ち上げた経緯についてお聞かせください。

社長
一番初めは、女性向けのモバイルメディアを作ろうと思っておりましたが、作るまでに時間が掛かってしまい、当時は資金がなく一度貯めてから立ち上げるという事で、もともと受託の制作をやっておりましたので、まずはそこからスタートしました。

オフィスの様子

田中
そのような経緯があったのですね。

社長
創業して6年間は、プレイングマネージャーとして仕事をしていましたが、7年目になり社員から現場を離れて経営に専念してくれと言われ、制作の現場から離れる事になりました。
現場を離れてみて会社、事業、環境についていろいろと考えるようになり、制作会社として5年後・10年後を考えた時に、果たして残っているか?と疑問に思うようになりました。
近い将来、企業サイトを作るのは技術的に簡単にできてしまい、制作会社は単なる街の印刷屋で終わってしまうと考えました。
そうならないように、将来を見据えた事業づくりをしていかなければならないのと考えております。

オフィスの様子

田中
そうですね。

社長
制作会社は知識や経験やノウハウが豊富にあると思われていますが、実際はそうでもないと感じております。
これからは、クリエイティビティだけではなく、マーケティング知識をもっともっと高めて行かないといけません。
WEBの製作は芸術的な要素が多いと思われますが、システムは理系的な要素が大きいため、右脳と左脳を使うように両方できなければならないのです。
弊社の理念でもある本質を理解するために、これからも頑張って行きたいです。

  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
  • 06
 

File 154

  • 株式会社デモ
  • 2つのL字型会議室
  • カラフルな廊下
  • 一気通貫に見渡せる執務室
  • Break Time
  • 社長インタビュー
 

株式会社デモ

事業内容

WEBデザイン、ディレクション、プランニング、インフォメーション、アーキテクチャ

サイトURL

株式会社デモ
http://www.demo.co.jp/

会社ロゴ

 
仲介手数料無料のオフィス移転。大阪オフィス検索
遂に仲介手数料無料化!福岡オフィス検索
遂に仲介手数料半額!名古屋オフィス検索
遂に仲介手数料半額!名古屋オフィス検索