バックナンバー > 株式会社デモ 角田芳泰氏 > こだわり3・インタビュー3

株式会社デモ|こだわり3 - 一気通貫に見渡せる執務室

全体を見渡せる執務室は、一切の無駄を省いた風通しの良いオフィスで、
高さにこだわったパーテーションで仕切った空間で、パーテーション越しに打ち合わせもしやすく、座った時にも集中しやすい環境だ。

「全体を見渡せる空間を造りたかった」と語る角田社長。
I字のスペースを工夫してデザインした機能性の高いオフィスだ。

【取材スタッフの一言】
実際に拝見させていただきましたが、社員同士が相談のしやすいオフィスだと感じました。この空間であれば話も弾み、仕事が捗りそうですね。

仕事は楽しみながらやって行く

社内に飾られたお札

田中
社内制度についてお聞かせください。

社長
ベンチャー企業では、最近様々な福利厚生がありますが、弊社ではセブンランチ制度とラッキー休暇いう少し変わった制度を導入しています。
セブンランチ制度とは、部署関係なく7人でランチする制度で、仕事の効率化を目標とし、ランチをしながらみんなと情報を共有させています。そのランチ代1人あたり1,500円はすべて会社持ちです。

オフィスの様子

田中
面白いですね。

社長
ラッキー休暇制度は、月に一回平日に休暇を取れる制度も導入しています。一言でいうと「休む」という事が仕事ですね。仕事なので、休んだら5,000円支給されます。
制作会社の人間は、取引先と1対1で仕事をするため属人的になりやすく、相手の意見に従ってしまいがちですので、あえて休暇を取ることで一人にプレッシャーを与えるのではなく、全員で協業していこうということからラッキー休暇制度ができました。

田中
どれも他の会社にはない変わった制度ですね。

仮眠ベッド

社長
セブンランチ制度・ラッキー制度もそうですが、仲間と一緒に仕事をするから楽しいということを社員一人一人に感じてもらえたらいいですね。

田中
続いて、角田社長はプライベートをどのように過ごされていますか。





オフィスの様子

社長
休日は家族と過ごしていることが多いですね。
社長は活動的な方が多くいますが、僕は割と静かな方だと思います。(笑)
一般的な感覚を忘れたくないということもあり、どんなに忙しくても毎日テレビは2〜3時間くらい見るようにしています。
家族と普通に過ごすことが、仕事に繋がっている部分があるのかもしれないですね。

田中
感覚を大事にされているのですね。

社長
我々の職業はでは、一般の感覚を持つことにかんしてはとても重要となります。
その感覚を忘れてしまうと、全然違う方向に走ってしまうので、あえて普通の休日をなるべく過ごしていますね。

  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
  • 06
 

File 154

  • 株式会社デモ
  • 2つのL字型会議室
  • カラフルな廊下
  • 一気通貫に見渡せる執務室
  • Break Time
  • 社長インタビュー
 

株式会社デモ

事業内容

WEBデザイン、ディレクション、プランニング、インフォメーション、アーキテクチャ

サイトURL

株式会社デモ
http://www.demo.co.jp/

会社ロゴ

 
仲介手数料無料のオフィス移転。大阪オフィス検索
遂に仲介手数料無料化!福岡オフィス検索
遂に仲介手数料半額!名古屋オフィス検索
遂に仲介手数料半額!名古屋オフィス検索