バックナンバー > ノースショア株式会社 石井龍 氏 > こだわり1・インタビュー1

ノースショア株式会社|こだわり1 - 砂浜のエントランス

ノースショアの東京オフィスは、アラモアーナと名付けられたクリエイティブモールの中にあります。エントランスは、砂浜と白い石壁がお客様を出迎える。中へ入ると壁にはトロピカルなウォールペイントが踊り、カフェカウンターバーまで併設されている。「ハワイのワイキキにあるアウトリガーホテルのロビーからビーチにつながる動線が好きで、その雰囲気を再現してもらいました」と石井社長。カフェの屋根も、「最初は消防法の関係などからカウンターだけの提案だったのですが、ビーチにある小屋の雰囲気がほしくて、どうしても付けて欲しいと粘ってつけてもらいました」というこだわりぶり。バーチやパイン材などの素材もリゾートらしいものです。

【取材スタッフの一言】
「エントランスはオフィスの顔」という言葉がピッタリのデザインです。一瞬にしてハワイにいるかのようなリゾート気分になりました。都心の、しかも地下鉄の駅の真上だという現実をリセットしてくれましたね。

実家の6畳一間から再スタートしたノースショア

社内の様子

田中
独立されたきっかけをお聞かせください。

社長
小さな頃から、何かの仕事で独立して会社を作りたいと思っていました。それまでは広告の制作会社で、テレビコマーシャルのディレクター、いわゆる監督をやっていたので、コマーシャルの監督として独立して、広告制作の会社にしようと決めたのがきっかけですね。

田中
いつ頃でしょうか。

社長
7年前ですね。僕の就職活動時期はちょうど超就職氷河期で、大手の広告制作会社は1000人の応募から1人採るかどうか。これはもう受からないと思って、最初の就職はクリエイターの派遣会社を通して、テレビ局系の映像制作会社に入りました。

オフィスの様子

お給料が低い中、1年半ぐらい勤めたのですが、異例なことにコマーシャルの監督や店頭プロモーションビデオの監督、ラジオコマーシャルの監督などを任せてもらえ作品ができたのです。それを実績に次の制作会社に正社員として転職して、そこでCMプランナー、CMディレクターとしてナショナルクライアントのコマーシャルを監督させてもらえて、結果31歳で独立できた、という経緯ですね。

田中
すぐ軌道に乗ったのでしょうか。

オフィスの様子

社長
会社ができてしばらく後の2年間はバイオ燃料を扱う環境事業の会社を経営していました。広告とは全然違うのですが、ちょうどその頃はリーマンショックで広告業界が極端に冷え込んだ時期で、僕もひとりでいろいろ思い悩み、もしかしたら自分の次の10年間というのは広告業界とは違う所にあるのではないかと感じました。そして社員も雇って始めたのですが、億単位で損をしてしまいまして……(笑)。
手持ちの現金が底をつきそうになってしまい、自分の実家の6畳間でノースショアを再スタートして仕事をしていました。

田中
このオフィスからは想像もつきませんね。

社内かみた外の風景

社長
横に妻と子供が寝ているような所で、パソコン1台に向かって仕事をしていました。
それからはまた映像制作の仕事を始めて、必死になって仕事をしてお金を貯めて、実家から48平米のマンションのワンルームに移りました。 そこは築58年の古い建物だったので、震災の被害で外観の窓ガラスが全部割れていて、廊下の電気も点かない状態で正直大丈夫かなと思う所だったのですが、内装はリフォームしたばかりで、南国風で木をふんだんに使ったオフィスでした。

田中
それがわずか4年ほど前なのですね。

社内の様子

社長
そうですね。ソファとテレビとパソコンを置いて、第二創業という意識で始めました。その後すぐに忙しくなって、人もどんどん増えていったので次は高級タワーマンションに移っています。けれども、そこもすぐにいっぱいになって、同じマンションの別のフロアも借りたのですが、隣の人の肘が当たるような状態になり、2013年の10月ぐらいから新しいオフィスを探し始めました。

田中
何を重視して探されたのですか。

社長
僕らの仕事は働く時間が長時間になることが結構あって、土日出勤や徹夜になることも。なので、せめて働く場所は少しでも居心地のいい安らぎを感じれる場所にしたいと思い、まず広さ重視で探していきました。麻布を中心に100坪以上で探していたのですが、とても物件数が少なくて困っていた時にこのビルの空きが出ました。家賃が高そうと思ったのですが、ダメもとで見に来たらやはり高く、一度は申込みを入れたのですが結局はこちらからお断りしました。しかしその後、御社の営業の方から、「オーナーが変わられたので、ぜひまた交渉を」というオファーをいただいて、賃料やフリーレントの交渉を重ねたところ、最終的にうまくまとまりここに入居が決まりました。

  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
  • 06
 

File 156

  • ノースショア株式会社
  • 砂浜のエントランス
  • ノマド用シェアオフィス
  • 南国風の編集スタジオ
  • Break Time
  • 社長インタビュー
 

ノースショア株式会社

事業内容

総合広告コンテンツ制作事業、クリエイターマネジメント事業、シェアオフィス事業

サイトURL

ノースショア株式会社
http://www.north-s.co.jp/

会社ロゴ

 
仲介手数料無料のオフィス移転。大阪オフィス検索
遂に仲介手数料無料化!福岡オフィス検索
遂に仲介手数料半額!名古屋オフィス検索
遂に仲介手数料半額!名古屋オフィス検索